せかまるblog

2019年7月末出発予定です!仕事の都合上2回に分けての世界一周となりますが、コツコツ準備中です。日本語教師としてベトナムで過ごし、もっと世界を知りたい欲求にかられました。今回は、ベトナムで共に過ごした2人で世界一周旅に出かけます!!

【世界旅3日目】|2019年9/12更新世界遺産巡り開始!ボロブドゥール遺跡へ行ってきた!

スポンサーリンク
google_ad_client: "ca-pub-8134504623450326"

世界旅3日目はボロブドゥール遺跡へ行きました!
ジョグジャカルタへの旅での目的はやはり遺跡です!!

私が今まで行ったことがある遺跡はベトナムのミーソン遺跡だけなのでボロブドゥール遺跡はとても楽しみにしていました。

【世界旅3日目】世界遺産!ボロブドゥール遺跡へ

f:id:sak1gk:20190908163521j:plain

ボロブドゥール遺跡への行き方

所在地

ボロブドゥール遺跡はこんなところにあります。
ジョグジャカルタの市街地からだと北西方面にありますね。

私たちが宿泊したホテルからの距離は約34Kmでした!

行き方

私たちの行き方は正直参考にならないかと・・・。
もちろん、使ったのはGrabタクシーです。

約34Kmの道のりですが、料金は150Kルピア(約1150円)でした。
バスなどを使えばもっと安く行けると思いますが、時間と労力を考えると2人での移動でこの値段なら問題ないということでタクシーを選択。

バスでの行き方は、アジスチプト国際空港から出発するバスに乗ればいいそうですが、乗り換えも必要です。
料金は1名600円ぐらい?
バスでその料金なら2人でタクシーを使う方がいいのでは?

バスは1時間に1本しかありません。

みなさんもお友達とタクシーに乗っていく方が楽だし安いです。

ボロブドゥール遺跡の料金・営業時間

ボロブドゥール遺跡はと言いますか・・・。
インドネシアの遺跡は全部だと思いますが、現地の方と旅行者の入場料が違います。

f:id:sak1gk:20190908163712j:plain

入場料

【ボロブドゥール遺跡のみ】

大人:IDR 350,000 (US 45$)
子ども:IDR 210,000
学生:IDR 210,000

【ボロブドゥール遺跡とプランバナン遺跡】

大人:IDR 630,000
子ども:IDR 378,000

f:id:sak1gk:20190908163844j:plain

私たちはプランバナン遺跡とのセットになったチケットを購入しました。
ボロブドゥール遺跡では現地の方の料金を見ることはできませんでした。
他の遺跡では一緒に提示されていることもありました。

支払方法

 クレジットカード・現金(平日であればドル支払いも可能?)

f:id:sak1gk:20190908164034j:plain

基本は現地通貨支払ですが、ドル支払いも可能とのことでした。
私たちが行った日は日曜日のためレートがわからないのでお釣りがなく対応できないとのことでした。

営業時間

 AM 6:00~ PM 5:00(遺跡のクローズは5:15です)

ガイド料金

こんな感じ。
改定についてだけ日本語で記載されていました。

f:id:sak1gk:20190908165020j:plain

ボロブドゥール遺跡散策

遺跡へ入る際の注意点

遺跡に入る際は、服装に注意が必要です。

  • ミニスカートやショートパンツ
  • ハイヒールやサンダル(底が高いもの)

こちらは禁止されています。

ミニスカートやショートパンツを履いて行った場合は、観光協会が無料で貸し出している「サロンバティック(腰布)」を借りて着用してから入らなければなりません。

ハイヒールやサンダルを履いている場合は、こちらも観光協会が無料で貸し出しているゴム製のサンダルに履き替えてからの入場となります。

個人的には衛生面などを考えると自己対策をして向かうことをお勧めします。
ゴム製のサンダルだと遺跡は歩きにくいです。

f:id:sak1gk:20190908165257j:plain

こんな感じで腰巻を巻いて出発します。
私たちは腰巻を借りることなく出発。

遺跡散策開始

事前情報を調べることなく向かったので、知識はほとんどありません。
そのためパンフレットを見ながら観光しました。

ボロブドゥール遺跡とは

f:id:sak1gk:20190908165736j:plain

ボロブドゥール遺跡はユネスコの世界遺産にも登録されている大規模な仏教の石像遺跡です。ボロブドゥールは大乗仏教の遺跡で2010年のムラピ山の火山灰により被害を受けました。

シャイレーンドラ朝時代の王家によって建造が開始され、約12年で一旦完成したものをサマラトゥンガ王の時代に増築したと考えられているそう。

寺院として人々に信仰されてきた建物ですが、内部に空間はありません。

全体で9層の階段ピラミッド状の構造になっており、この造りは仏教における三界を表してるのではないかと考えられている。

回廊には仏教の説話に基づいた1460面もの彫刻が時計回りに続いているそう。
私たちは最初はわからず反対から回ってしまいました。。

本当に素晴らしい彫刻の壁が続きます。
ところどころ崩れてしまっていますが、インドネシアで見た遺跡の中では一番彫刻がきれいでした!

難しい説明はあまりわからないので、他の詳しいサイトを見て頂く方がいいかと思います。

とても広くて地図も見づらくて回るのは大変でした。。

ボロブドゥール遺跡散策

ボロドゥブール遺跡!!
めっちゃデカイ!!私のカメラで写真に収めるのは至難の業。

ミーソン遺跡しか見たことがなかった私にとってはスケールが違う。

f:id:sak1gk:20190912160745j:plain

細かい彫刻が施されています。
所々破損してしまっているのですが、風化している感じも趣があると言うのでしょうか。見入ってしまいます。

f:id:sak1gk:20190908170029j:plain

遺跡の上へ登るとまた圧巻の景色が広がります。
この日は天気が悪くきれいな写真を撮ることはできませんでしたが、晴れている時は最高の景色を見ることができるはずです。

ここには日本語が話せるガイドさんがいました。
ガイドさんに聞いたところ、この丸い部分は座ってもいい部分とダメな部分があるそうな。どこがOKでどこがダメなのか・・・注意されているところもあれば、どうぞと言われるところもありました。

みなさんもご注意ください。f:id:sak1gk:20190912160818p:plain

遺跡はとても大きいので他の観光客が入ることなく写真を撮ることができる場所もあります。何か別世界に来た感じの写真が撮れちゃいます!

f:id:sak1gk:20190912160906p:plain

ボロドゥブール遺跡の中にはゾウがいるところもあります。
あまりゾウの姿は見えませんでしたが、鳴き声は聞こえていました。

f:id:sak1gk:20190912160919j:plain

とても広い遺跡の中を乗り物で移動することもできます。

f:id:sak1gk:20190912160950j:plain

歩くのが嫌な人は使ってもてもいいかも?
今回は利用しませんでしたが、ベトナムのお寺を回る際には何度か乗りました。

目的地まであっという間にたどり着くので楽ちんですね!

f:id:sak1gk:20190912160939j:plain

それから、遺跡にはミュージアムもあります。
ミュージアム入場券も込みのチケットなので行かないといけませんね。

f:id:sak1gk:20190912160957j:plain

ミュージアムって何があるんだろう・・・って入ってみると石が並んでいました。
これだけじゃありません。

ちゃんとミュージアムっぽい展示も中にはあります。

f:id:sak1gk:20190912161009j:plain

f:id:sak1gk:20190912160728j:plain

ミュージアムを見た後、向かったのはボロドゥブール遺跡が見えるという丘。
結構登って大変だったのに残念な結果が・・・・

実は、予約制で朝日を見るために予約した人しか入れないんです。笑
調査不足でした。

遺跡の敷地内を隅々回って出口へ向かうと・・・
お土産売りの人がたくさん。

私、道を塞いでまで物を売りつけようとしてくる人本当に嫌いなんですよね。
時々、身体に触れてまで引き留めてくる人もいますが、本当にやめていただきたい。

f:id:sak1gk:20190912160737j:plain

こんな感じのお土産屋さん通りを抜けないと出られない仕組みになっています。
お土産屋さんを見て回るのは好きなのでこのスタイルはそんなに嫌じゃないかな。

観光地価格なので高くて買う気にはならないですが、色々なものを一か所で見て楽しむことができるというのは観光客にとって嬉しいこと。

買う気がないものの値段を聞くのは失礼だと思ってるので値段は聞いてませんが、周りが値段を聞いたりしているのを見ていると少し高めな気がしました。

ボロドゥブール遺跡からはgrabタクシーで移動しました。
市内へ移動してマリオボロ通りを散策。
 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村