せかまるblog

2019年7月末出発予定です!仕事の都合上2回に分けての世界一周となりますが、コツコツ準備中です。日本語教師としてベトナムで過ごし、もっと世界を知りたい欲求にかられました。今回は、ベトナムで共に過ごした2人で世界一周旅に出かけます!!

【カンボジア】シェムリアップ|アンコール・ワット遺跡群満喫中です!

久々の更新になりました。
現在、カンボジア・シェムリアップに滞在中です。

カンボジアは雨季なので連日の雨を覚悟していましたが、今日まで雨に降られたのは一度だけという晴れ女パワー全開で楽しんでいます!

【カンボジア】シェムリアップでアンコール・ワット満喫中

f:id:sak1gk:20191010181744j:plain

カンボジアに来たのは初めてです。
シェムリアップに来てから驚くことも多く新鮮な旅をしています。

カンボジアって米ドル使うの?ベトナムドンも?

f:id:sak1gk:20191010181904j:plain

空港にて

私がまずカンボジアに来て驚いたことはカンボジアの通貨です。
空港で両替をしようと思って両替所を確認していると何ともおかしな表記です。

なぜ、ネットで確認したレートと全く違うのか・・・。
カンボジアはリエルのはずなのにドル?

東南アジアで米ドルが使えるはずないよね?
おかしくない?って悩んでいました。

前情報なしに行くとこんなことになるんです。笑

近くにいた欧米系のお姉さんたちに聞いてみると・・・
「私たちもよくわからないんだけど、米ドルに交換されたから使えるんじゃない?」的な回答でした。笑

もし、使えなかったら街中で何とかなるだろう的なお話でした。

今回、米ドルは持ってきていたので私たちはそのまま両替せずにホテルへ向かうことにしました。

ATM派の方には関係ないかもしれませんが、私はATM手数料とかよくわからないことがあるので短期旅行では現金両替派です。

SIMカード購入時

空港を出るとトゥクトゥクが待ってくれていました。
ホテルまでの送迎が無料だったので今回は先に手配をしていたので安心して乗車できます。

トゥクトゥクのお兄さんにSIMカードについて聞いてみると、「市内で買う方が安いよ」とのことでした。ただ、万が一購入できなかったら面倒なので空港のお店で購入することにしました。

f:id:sak1gk:20191010181727j:plain

値段も3ドルとかなり安かったので手間を考えると空港で十分だと思いました。
この際の支払いでおかしなことがありました。

米ドルを持ってきていた私たちですが、小銭がありませんでした。
小銭がないと伝えるとベトナムドンを持っていないかと聞かれました。

え、ベトナムドンでいいの?
いくらか確認すると・・・2名分で6ドルが140,000VNDとのこと。

VNDならたくさん持ってるから助かるー!!って思ってVNDで支払いました。

市内にて

ホテルに到着し、近所の飲食店に夕食を食べに出かけました。
初日で何もわからないため適当に半露店の店に入りました。

そこでの表記は「米ドル」です。

f:id:sak1gk:20191010181838j:plain

リエルはいつ使うのか。
カンボジアは自国の通貨を使わないのか?

色々考えながら注文。

f:id:sak1gk:20191010181920j:plain

クメール料理の食堂で1品が1~5ドル程度でした。
私たちが注文したのはほとんど1.75ドルのものでビールは1ドルでした。

たくさん注文してお腹いっぱい食べたけど、支払った金額は8.5ドルでした。
そのお会計で10ドル支払って返ってきたお金が・・・衝撃的だった。

ドルとリエルが混ざってる・・・。
こんな小額紙幣どうやって使うんだー!!って思ったけど、日々過ごしていると1ドルぐらいはたまってきました。

買い物に行ってもドル表記だし、ガソリン入れる時もドル表記。
自国の通貨が表示されていないのはすごく違和感を持ちます。

アンコール・ワット遺跡群

シェムリアップの観光といえば!アンコール・ワット遺跡群ですよね!!
まだ満喫中ですが、少しだけ情報を書いておきます。

f:id:sak1gk:20191010181756j:plain

入場料

入場料は少し前に値段が改正されて上がったそうです。
現在の価格はこんな感じ・・・

1日券:37USD

3日券:62USD

7日券:72USD

めちゃめちゃ高いですよね。。。
でも、今回は7日券を購入しました。

ちなみにチケット売り場は遺跡から離れているので注意してください。
市街地から行く場合はチケット売り場までの案内があると思います。

f:id:sak1gk:20191010181732j:plain

チケットの提示

アンコール・ワット遺跡群のチケットは遺跡群の敷地に入る際と遺跡に入る前に提示を求められます。顔写真がついていますが確認しない人がほとんどです。

チケットコントロールを誤って通り過ぎそうになると違反者のようにホイッスルで呼ばれます。笑

遺跡で困ったこと

遺跡周辺には安いレストランがありません。
屋台で鶏を焼いて売っていたり、竹筒のおこわを売っている人がいますが・・・衛生面は少し心配です。遺跡を満喫するために来たのに食中毒で72ドルのチケットを台無しにすることなんて絶対にあってはならないことですから。笑

焼き鳥は大丈夫な気がするなーとか思いながら眺めているのですが、おばちゃんたちの呼び込みが激しくて引いてしまいます。。

遺跡の前にあったオープンなレストランに立ち寄ってみたもののぼったくりも甚だしい金額でした。高いからいらないって伝えるとディスカウントしてくれますが、下がっても4ドルでした。

あと、トイレがなかなか見つからないことです。
遺跡もメインどころに行けばトイレの表示があるのですが、辺鄙なところに行くとトイレなんてありません。私たちはツアーではなくバイクで回っているのでトイレがわかりにくいのは本当に困ります。

一番困っていることは、電波が入らないことです。
遺跡だから仕方ないのかもしれませんが、グーグルマップすら使えません。
本当に不便・・・。
圏外になってしまうこともあるので複数できた場合にははぐれないように注意が必要ですね。

そんなこんなで楽しんでいます。

 明日はとうとうハノイに戻ります。
ハノイでは 週末だけ市街地に宿泊する予定です。

ハノイでの新しい観光スポットを見つけたいと思っています。

カンボジアでは観光地価格が多く時々気分を害するようなこともありました。
トゥクトゥクの客引きは正直うざいです。
本当にあーいうの好きじゃない。

マッサージにも行ってみたのでまた感想など書きたいと思います。

ランキングへのご協力お願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村