せかまるblog

2019年7月末出発予定です!仕事の都合上2回に分けての世界一周となりますが、コツコツ準備中です。日本語教師としてベトナムで過ごし、もっと世界を知りたい欲求にかられました。今回は、ベトナムで共に過ごした2人で世界一周旅に出かけます!!

【旅日記7日目】ジャカルタからモスクワへ!バンコク・スワナプーム空港泊

スポンサーリンク
google_ad_client: "ca-pub-8134504623450326"

旅日記7日目!!
この日はインドネシアからロシアへ向かうべく飛行機でバンコクのスワナプーム国際空港へ向かいます。スワナプーム国際空港で一夜を明かしてロシア・モスクワへ向かいます。

【旅日記7日目】ジャカルタからモスクワへ!バンコク・スワナプーム空港泊

ホテルをチェックアウトしてすぐに空港へ向かいます。
空港で昼食を食べようと残ったインドネシアルピアで食べられるものを探す私たちからスタート。楽しかった出発地点のインドネシア旅も今日が最後です。

とうとう待ちに待ったモスクワ!!
ロシアへ入国する日がやってきました!!

ホテルからスカルノハッタ空港へ向かう

ホテルを12時前にチェックアウトして空港へ向かいます。
空港まではGrabタクシーを利用しました。

Grabタクシーで楽に移動できるのはいいんですが、ベトナム以上に英語が通じないんですよね。インドネシア語なんて全くわからないので最後の最後に困りました。。

市内から空港へ

Grabタクシーで空港へ向かう際には注意が必要です。
私たちは事前にあまり調べていなかったのですが、高速道路を使用するためGrabで表示されている以上のお金がかかります。運転手にもよるのかもしれませんが、予測していた金額をかなり上回ってしまいました。

運転手はインドネシア語で説明しますが、私たちにはわかるはずもなく2か所の料金所を通過しました。

空港到着

スカルノハッタ国際空港の第3ターミナルに到着しました。
到着した印象は「空港めっちゃでかいしキレイ!!」

f:id:sak1gk:20191028215703j:plain

空港にはたくさんの飲食店が入っていました。
インドネシア料理はもちろんですが、日本食も食べることができます。

スターバックスや吉野家、丸亀製麵、ペッパーランチ。
よく知っている店がいくつもありました。

f:id:sak1gk:20191028215731j:plain

空港内を端から端まで歩きましたがすごく広くて内装もおしゃれでした。
一番驚いたのは案内に日本語表記があることです。

f:id:sak1gk:20191028215716j:plain

それだけ日本人が訪れているということなんでしょうか。

48,000ルピアで昼食を探せ

13時過ぎに空港へ到着した私たち。
まだチェックイン時間までは時間があるのでラウンジを利用することもできません。タクシー代が思っていた以上にかかってしまったので残されたお金は48,000ルピアです。桁は大きいけど日本円換算すれば370円程度。インドネシアだといっても空港です。安い食べ物なんて売っていません。

色んなお店を回りながら決めたのは・・・「吉野家の牛丼」でした。

f:id:sak1gk:20191028215748j:plain

パン屋さんでもよかったんですが、これからしばらく米が食べられないと思ったら食べたくなった牛丼。でも、持っているお金は48,000ルピアです。

吉野家の牛丼

私たちが持っている残金は、何度も言っているように370円程度です。
私たちの残金で注文できるメニューは「牛丼並盛」だけでした。

メニューに書いている金額は税抜きなんですよね。
税込みになると・・・買えない。
仕方がないので2人で並盛の牛丼を食べることにしました。

f:id:sak1gk:20191028215821j:plain

牛丼は日本と味は変わりませんでした!
困ったのはつゆだくじゃなかったこと。。それと飲み物が有料であるところでした。

紅ショウガをたっぷりのせて久々の日本食。
しばらく食べることがないだろう米をかみしめて頂きました。

チェックイン時間までグダグダ

牛丼を食べてもチェックイン時間まではまだまだ時間がありました。
19時出発のバンコク行きに乗るため16時のチェックイン時間を待ちます。

f:id:sak1gk:20191028215804j:plain

カウンター近くの椅子に腰かけて過ごしていると技能実習生と思われる男の子たちの集団に遭遇しました。ベトナムでは見慣れた光景でしたが、インドネシアでもこんなにたくさんの人が日本へ行くことを夢見て勉強しているんだなぁと思いました。

彼らは日本のとある監理団体の指示で丸坊主にさせられている実習生たちでした。
本当にそこまでする必要があるのか疑問に感じます。そういった日本の古い慣習は学ぶ必要がないし変えていくべきことだと思う。日本の文化や習慣のすべてを外国人に押し付けるのはよくないと思った。

ベトナムとの違いは家族が大勢来ていないこと、それにギリギリまで勉強している実習生が多いことでした。本気で将来を変えようとしている。そんな気がしました。

チェックイン完了

いざ、出国!!の前にラウンジで休憩します。

f:id:sak1gk:20191028215538j:plain

ラウンジ

今回、私たちが利用したのはサファイアラウンジです。
大きくはないけど、落ち着いた空間でくつろげるラウンジでした。

f:id:sak1gk:20191028215555j:plain

中にはCOFFEEBARがありました。
料理はあんまりでしたが、美味しいコーヒーは飲めるようです。

f:id:sak1gk:20191028215610j:plain

ラウンジ内にトイレやシャワーはありませんでしたので、私たちのように日をまたぐ人にとっては不便なラウンジですが静かに過ごせるという点ではありがたい場所です。

いよいよ機内へ

今回はLCCではなくタイ航空で向かいます。
LCCじゃないので機内食がある!機内食って美味しくはないけど楽しみにしちゃいますよね。どんなメニューが出てくるのか毎回楽しみにしています。

今回の機内食はこんな感じ↓↓

f:id:sak1gk:20191028215646j:plain

照り焼きみたいな鶏肉と麺、それに菜っ葉です。
あと、じゃがいものサラダにパンナコッタ?

日本人にも食べやすい味で美味しく頂きました!

タイ航空の機内では映画も見ることができます。
これもLCCにはないいいところですよね!
日本語の映画も少しだけあるので英語がわからない私も快適に過ごすことができました。

バンコク到着!!

バンコクに到着したのは22時30分ごろでした。
翌日の早朝便でモスクワへ出発する私たちは一度制限区域外へ出されてしまいました。

チケットをもらった時からわかっていたんですけど、少しは期待をしていました。
でも、仕方がないので寝床を探します。

スワナプーム空港泊

空港泊情報はあまり出てこなかったのですが、椅子はたくさんあるので困らないだろうと考えていました。適当に歩きながら見つけたのは展望デッキです。

f:id:sak1gk:20191028221306j:plain

こんな感じで空港内を見渡せる位置にこの場所はありました。

展望デッキへ足を運んでみるとそこにはいくつかの長いすがありました。
それに寝ている人もちらほらと・・・

ここなら寝られると思い椅子を2つ組み合わせてベッドを作り、そこにブランケットを敷きました。寝始めたころはそこまで感じなかったのですが、スワナプーム空港は危険です。ここで夜を明かし私が感じたことです。

f:id:sak1gk:20191028221240j:plain

しばらくして寒くなってきました。
信じられないぐらい寒いんです。本当に・・・

寒くて何度も何度も目が覚める。
そんな場所ですが、周りには寝ている人がたくさん。
旅行者だけでなく空港で働くスタッフたちも同じ場所で寝ていました。

f:id:sak1gk:20191028221222j:plain

ここの寒さは尋常じゃありません。
しっかり着込んで寝ることをお勧めします。
なんなら、空港泊しないのが一番です。笑

朝8時30分にはチェックインができるので8時過ぎには準備を始めました。
朝、トイレに歯を磨きに行くとそこには・・・
化粧をするスタッフたちの姿が(;・∀・)

スタッフが一斉に化粧をしている光景を空港でましてやトイレで見ることなんてなかったので驚きました。日本人が電車で化粧をしているのを考えるとそれよりはマシなのかな?笑

こんな感じで・・・

 旅の7日目が終わりました。
ほとんど空港で過ごしているので何も面白くない日かもしれませんが、私にとっては初めてとなる海外空港での宿泊でした。こんなにも寒いと思わなかった空港泊。

初めての体験で今まで自身が思っていた「どこでも寝れる」は違うなと悟りました。
寒いところと暑いところでは私は眠れない。

エアコンがある場所で眠れることは本当に幸せです。
お布団がある日本は本当に素晴らしいです。

こんなにも布団が恋しいと思った日は初めてでした。笑

次回はモスクワへの出発。
そして、到着までのブログを書いていきます。

本当に怖かった入国審査・・・。
ロシア語わかんないし、英語早すぎるし・・・。
何よりも入管のおばちゃんもお姉さんも恐ろしかった。

今後も続けていくためにランキングへご協力お願いいたします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ