せかまる.blog

日本帰国しました。

【Re:旅2日目】ブリュッセル到着!空港からバスで市内へ…ベルギー名物満喫。

昨日は時差の影響もあり早く寝てしまったので3時45分に目覚めて書いています。
昨晩食べる予定だったサラダを朝ごはんに食べて2日目の開始です。

【Re:旅2日目】ブリュッセル到着!空港からバスで市内へ…ベルギー名物満喫。

f:id:sak1gk:20191221181721j:image

一日遅れですが、2日目の忘備録を書いておきます。

ブリュッセル空港到着!!

機内

バンコクを0時30分に出発し、約12時間のフライトでブリュッセルに到着しました。機内食はいつも食べていたのですが、今回は食べずに寝ました。歯磨きした後ににおいのきついものを食べるのは嫌だったので、食べたのは朝食だけです。

12時間ものフライトとなると年のせいか足はパンパンにむくみます。
痛くて寝るのもつらいほど・・・笑

搭乗した際にあった一コマ。

私たちは今回一番後ろの座席に座ったのですが、同じく一番後ろの座席の中央に座っていた男性2名。彼らにCAが声をかけていた。「そこの座席から移動してほしい」と・・・2人の男性は移動したくないと断りましたが、また別のCAが来て説得を始めました「そこの座席は窮屈でトイレが近いため騒がしいです。他の座席へ移動しませんか?」と・・・それでも2人は断りました。

しばらくしてわかりましたが、このやり取りには双方理由があったようでした。

CAさんの理由…そこで寝る予定だった。
その座席にはなぜか頭の部分に「reserved」と書かれた文字がありました。機内が暗くなるとCAさんが二人が眠っていることを確認し隣の席に座って寝始めました。本当は横になって寝たかったんだろうと思います。結構お年を召した方だったし、かなり慣れて交渉している様子だったので毎回やっていたんだろうと思います。

男性2名の理由…カップルだった。
確認していないのでただの仲がいい男友達かもしれませんが、そうとは思えないぐらいイチャイチャしていました。終始楽しそうに会話し、DVDを一緒に見て寄り添って眠っていました。周りを気にせずにいられる空間は彼らにとって大切だったんだろうと勝手に想像していました。

到着

ブリュッセルに到着したのは、朝7時ごろでした。
ブリュッセルの日の入り時刻は8時45分ごろのためまだ外は真っ暗です。
空港へ下降を始めて窓から見える景色は夜景。日本では考えられない時間帯に見られる夜景です。LEDの白い明かりの夜景ではなく黄色い温かみのある夜景はとてもきれいでした。

ブリュッセル空港はとても静かな空港でした。
活気がないわけではないですが、落ち着いた雰囲気。アジアやロシアの空港とは雰囲気が違いました。ガツガツしたSIMやタクシーの営業もなくとても静か。

空港内には銃を装備した軍隊の人が数名歩いています。
そのためか危ない雰囲気も感じませんでした。

空港から市内へ移動

まずSIMの設定

今回はAmazonで事前に「2FLY」というSIMを購入していました。
前回の北欧で苦労したこともあったので保険のために持って行きました。

空港内の荷物レーンのそばに「Telecom」のショップがあったのでブリュッセルに来る際はココで購入する方が安く済みそうです。Telecomは31日有効で9GBのSIMが35ユーロでした。更新して継続利用も可能です。数日の滞在のみの場合はこちらの店でなく手荷物レーンから出たところにあるショップで購入する方が安く済みます。そこにはいくつか置いてありましたが、チャージして使うタイプのSIM料金0円のSIMや31日有効で4GBのSIMが15ユーロでした。

2FLYのSIMはAmazonで3,380円だったので少し割高にはなります。
日本語の設定マニュアルがあることとイスラエルでも使えるというところがメリットですが、イスラエルでは入国後にSIMを購入してもしれてるので安く抑えたい方にはあまりお勧めではありません。

バスで市内へ

バス乗り場は空港のlevel0にあります。
エスカレーターかエレベーターで1つ降りればバス乗り場へ行くことができます。

空港から市内までは場所にもよりますが、12番のバスが「Brussels City」方面のバスです。少し不安だったので出口に立っていたお兄さんが声をかけてくれたので尋ねたら「こっちで合ってるよ」と教えてくれました。

バスステーションも目立つところにあるので問題なくたどり着きました。
バスステーション付近にいくつかチケットの販売機が設置されています。この販売機で事前に購入すると4.5€でバスに乗ることができます。事前に購入していないと6€支払うことになるので事前にして乗車。

バス内の機会にタッチして乗り込みます。

バスを降りてホテルへ

ホテル近くの「Schuman」でバスを降りました。
今回のホテルはベルレモン(EU本部)の近くです。市内からは少し離れていますが、近くにも観光地があるし小さなスーパーもあって便利そうです。それにきれいなホテルが安いのが魅力的!!

ホテルに到着してチェックイン時刻まで荷物を預かってもらいます。
思っていた以上にきれいなホテルで安心しました。

レーニングジム付き、バスタブありの広いお部屋で3泊2名で8,800円ぐらい。週末なのにこの値段はかなり安く感じてる。荷物を預かってくれるのは鍵付きの部屋だから荷物も安心して預けることができる。スタートはいいホテルに出会えてよかった。

ブリュッセル観光

朝ごはん

まずはお腹が空いたってことで朝ごはんが食べられるお店を探します。
小さなパブなどの朝食を提供しているところはいくつかあったのですが、朝食にしては高すぎるため他を探します。

観光地付近をブラブラしていて偶然みつけた黒板看板の「Famous sandwich」の文字と匂いに釣られて入ったお店でサンドウィッチを購入しました。

f:id:sak1gk:20191221181229j:image

2つに分けてもらっても十分なサイズで確かに美味しい!
このボリュームと味で6€なら安い。いい朝ごはんになりました。

グランプラス

グランプラスへ向かいます。ってか適当に歩いていたらたどり着きました。
グランプラスは私が想像していたものと全く違いました。残念・・・

よくネットで見るのはきれいなお花が絨毯のようになっている光景ですが、クリスマスシーズンには大きなツリーに変わるようです。知らなかった・・・。

f:id:sak1gk:20191221181242j:image

市庁舎を含めた建物はとても美しくどこを写真に切り取ればいいのか悩んでしまいます。子供たちが英語レッスンのために観光客に話しかけまくっていました。とても楽しそうに走り回っていてほほえましい光景でした。

グランプラス周辺を散策します。

これまた・・・小便小僧ですか?

って尋ねたくなる光景が・・・小便小僧って銅像じゃなかったの?
え、これ明らかに顔が違うけど場所は合ってるよね?と戸惑いながらも撮影。

小便小僧ことジュリアンは12月16日が誕生日だそうです。
ジュリアン誕生から400年の節目の年となる今年はイベントが行われているようです。まだ夜に行っていないのでわかりませんが、今日行ってみようと思います。

ジュリアンの誕生日、そして冬仕様の姿がこちら・・・

f:id:sak1gk:20191221181302j:image

どう見ても小便小僧じゃありません。
ピノキオだよね?

チョコレート屋さん多すぎ

ブリュッセルで驚いたことは想像以上にチョコレート屋さんが多いことです。
同じ店舗がいくつもあるのですが、ゴディバなんて埋もれています・・・。

たくさんのチョコレート屋さんの中で今回訪れたのは「Neuhaus」です。
こちらで6粒のショコラを購入しました。

f:id:sak1gk:20191221181316j:image

こちらのお店では100g→7.5€で販売されています。
数メートル歩けばチョコレート屋さんがあるのでチョコレート好きには最高の場所です。日本で買うよりは手頃ですが、安くはありません。

他にもお土産屋さんぽいところで安いチョコレートも購入して食べ歩きしながらお昼ご飯を探す。

昼食はベルギー料理

ベルギーといえば、調べるまでチョコレートしか知らなかったのですが他にも名物があります。ムール貝のワイン蒸しとフレンチフライつまりポテト。

どこに入ろうかなーって考えながら歩いていたら観光客にも人気のお店「Chez Leon」を見つけました。とりあえず入ってみることに・・・

もっと安いと思ってたけど高い。
ムール貝500gとフレンチフライ、ビールがセットで約16€です。
そんなにお腹もすいてないし・・・でも、2人で1品は失礼だよねって思いながら2名分と考え800gのムール貝とフレンチフライのセット、ビールを2杯注文。

2人分で23.85€とLEONビール3.95€×2注文しました。

f:id:sak1gk:20191221181332j:image
ムール貝は飽きるほど食べました。しばらくいらないなか・・・。
LEONビールはあっさりしていてビールが苦手な人でも飲みやすいフルーティな感じでした。ベトナムで飲むFUDAビールとかに近い感じかな?

店内は込み合っていたけど店員さんの手際もよく美味しく頂けました。

EUの見学可能施設を訪問

EU本部がベルギーにあるとは全く知らなかったのですが、せっかく来たのでEU本部を感じる施設を見学してみようってことで行ってきました!

この日見られたのは、「European Parliament」と「Station Europe」の一部、「House of European History」でした。音声ガイドにはもちろん日本語なんてありませんので英語で聞きます。こういう英語って全くわからないよね。難しすぎる・・・・。

どれも無料で見学することができるので興味がある方は行ってみてください。

EUグッズが販売されているのをみるのも楽しいぐらいたくさんのグッズが販売されています。

f:id:sak1gk:20191221181352j:image

こんな感じで2日目終了

日没が早いベルギーでの観光は早めに終了してホテルでゆっくり休みました。

今日21日はブルージュへ向かいます。

ランキングへご協力お願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村