せかまる.blog

日本帰国しました。

【Re:旅9日目】近代美術館はアートがわからなくても楽しい!ルーヴル美術館でモナ・リザに出会う。

2019.12.27

この日は、朝ゆっくりスタートです。
そろそろ疲れが出てきているし、ルーヴル美術館の予約をした時間が17時30分なので夜の時間帯に合わせて活動を開始しました。

【Re:旅9日目】近代美術館はアートがわからなくても楽しい!ルーヴル美術館モナ・リザに出会う。

f:id:sak1gk:20191229071237j:image

小さな自由の女神像

アメリカにある自由の女神はよく知られていると思います。あれはアメリカ合衆国の独立100周年を記念してフランス人の募金により贈呈されたものですね。

パリにも自由の女神がいくつかあります。
そのうちの一つリュクサンブール公園内にある自由の女神を見てきました。

f:id:sak1gk:20191229071333j:image

思っていたよりも小さい。
きれいに整備された公園内にポツンと立っていました。

もう一つの自由の女神の方が写真映えはするかもしれませんが、お散歩するにはいい場所なので時間に余裕があれば行ってみてください。

ノートルダム大聖堂近くのパン屋さん

朝ごはんは食べて出てきましたが、事前にチェックしていたパン屋さんへ向かうことにしました。お店の名前は「Le Boulanger de la Tour」です。

f:id:sak1gk:20191229070512j:image

素敵な女性が店番をしていました。
「ボンジュール」と笑顔で迎えてくれます。

注文したのは「クロワッサン」と「パン・オ・ショコラ」です。

f:id:sak1gk:20191229070548j:image
どちらもバターの香りとほのかな甘みにサクふわ食感がたまらない美味しさ。

ノートルダム大聖堂へ向かう橋の上で食べるパンは最高でした!

ピカソ美術館

まず、やってきたのは誰もが知ってる人!パブロ・ピカソの美術館。こちらは昔の貴族の屋敷をそのまま美術館として使用しているそうです。

f:id:sak1gk:20191229071304j:image

ピカソなら知ってる!と思っていましたが、画家としてのピカソしか知らなかった私。

f:id:sak1gk:20191229071322j:image

彫刻や陶芸などあらゆる分野での芸術家だったんですね。

どんな頭の中をしているんだろうと考えてみてもわかるはずのない世界観。美術館もとても素敵な建物で所々ある椅子に腰掛けたくなる気持ちがわかります。

f:id:sak1gk:20191229070918j:image

もう少しアートの勉強をしなくては…

ポンピドゥー・センター(近代美術館)

f:id:sak1gk:20191229070909j:image

ここは結構オススメです!

アートがわからない私でも楽しめました。ピカソなどの有名画家の絵もありますが、近代アートに興味をそそられます。

f:id:sak1gk:20191229070925j:image

イヤホンがたくさん吊された作品は異世界に来たような空間で視覚と聴覚で作品を楽しむことができました。ただ、長時間中にいると耳がザワザワしてきます。笑

f:id:sak1gk:20191229071315j:image

他にも廃棄物で作られたオブジェやカラフルな絵画の数々はとても気分が上がります。

f:id:sak1gk:20191229071307j:image

ユダヤ歴史美術館

ユダヤ歴史美術館ではユダヤに関するの作品やイスラエルに関する資料が展示されているようですが、私には難しかった。。

ユダヤの文化や歴史に興味がある人にとってはとても有意義な時間になると思います。

ホテルへ戻ってから気がつきましたが、ここでは一枚も写真を撮っていませんでした。

スーパーで間食

ユダヤ歴史美術館のあとはルーヴルへ向かいます。ルーヴル美術館の予約時間までまだ時間があったので何か食べることにしました。

レストランに入るのはお金がかかるのでパリに来てから一度も入っていない。ということで、モノプリ内にある飲食コーナーで食べることにしました。

ここで買ったのが焼き鳥丼!

f:id:sak1gk:20191229071203j:image
まさかの酸っぱい酢飯でしたが、まあ食べられる味。

同じテーブルで食べていたフランス人カップルに「おいしいか?」と聞かれた。「おいしい」と答えるとフランス語では「セボーンと言うのよ」と教えてくれました。

いつも少し冷たく感じるフランス人の対応ですが、意外と愛想いいのかも?

ルーヴル美術館

入場待ち

とうとうルーヴル美術館へ入れる時間になりました!
予約時間よりも少し早く到着したのですが、すでに長蛇の列です。

f:id:sak1gk:20191229071206j:image

列の周辺ではダフ屋のような人が何人もいます。
「このチケットで中に入れるよ。並ばなくていいよ。」と話しかけてきますがよくよくチケットを見てみると日にちが違うくない?チケットを持ってるので関係ないんですが、どんなチケットを売っているのか気になる・・・。

長い列に並んでいましたが、きちんと予約時刻には中に入ることができました。
突然、セキュリティチェックが甘くなって適当に中へ案内し始めたんですよね。

モナ・リザの案内多すぎ

ルーヴル美術館と言えば、「モナ・リザ」ですよね。
数年前に働いていた会社の上司に「ツアーじゃないとモナ・リザは一瞬しか見れないよ」と言われたことがあるのですが、まさに一瞬でした。

ルーヴル美術館美術館に入り中へ進むとすぐに「モナ・リザ」はこちら的な案内がいくつも出てきます。まるで、来場者がモナ・リザにしか興味がないかのような案内。

f:id:sak1gk:20191229071209j:image

美術館のどこへいてもモナ・リザの場所がわかります。笑
それでもモナ・リザを探している観光客はいたのでわかりやすくもないのかな?

私たちは最初にモナ・リザのところへ行きました。
とりあえず、どのくらい並ぶのかすらわからなかったので最初に行っておこうってことで向かいました。

モナ・リザの展示場所について思ったこと・・・・え、小さっ!!

思っていた以上に小さいサイズ。そして、長蛇の列。
長蛇の列と言っても10分くらい並べば前まで行くことができます。なんてったって目の前にいられる時間がかなり短いんです。

8~10名程度がモナ・リザの前にある囲いに入ることができます。
そこで写真撮影が許されるのですが、写真撮影をしていたら実際に見る時間なんて皆無です。私はあえて前の組に入らないように待って一番最初に案内される位置にスタンバイしました。思惑通り真ん中へ案内されとてもいい位置で写真を撮ることができました。

f:id:sak1gk:20191229071213j:image

ツアーじゃないとこんなにも大変なんだなーと思いました。

民衆を導く自由の女神

この絵が一番見たかった!
教科書でしか見たことがなかったけど最も印象に残っていると言ってもいい絵画です。

この絵画について詳しいわけでもないのですが、実際の絵を見てみたかった。

f:id:sak1gk:20191229071228j:image
民衆を導く自由の女神」の前には人だかりができていました。美術館を回っていて思ったのですが、ツアーガイドがいるタイミングにあたると前で見ることができない。

ベストな場所を長い間占領しているので本当に邪魔だと思ってしまう。。

その他色々

他の有名どころの絵画や彫刻も何度も何度も館内を回って鑑賞しました。

f:id:sak1gk:20191229071218j:image
この日はお客さんもそんなに多くないのかゆっくり見ることができたので、夕食時はお勧めの時間かもしれません。

エジプトの展示やペルシャ文化の展示はこれからの旅で楽しみたいということもあり足早に去りました。

館内図を持って中へ入らなかった私たちは「ミロのヴィーナス 」を探すのにかなり苦労しました。どこが何階なのかわからなくなってくるし、自分がどこにいるのか見失います。笑

f:id:sak1gk:20191229071224j:image

ミロのヴィーナスもかなり人気でしたが、写真撮影ができる程度の人だかりだったのでゆっくり見ることができてよかったです。

スーパーで夕食購入

 この日も夕食はスーパーで済ませました。
鶏の丸焼き半身(7€)を買ってホテルへ戻りました。

ホテルの近くにスーパーがあるとかなり便利ですね。水を買って帰るのも苦労しない。

ヨーロッパで日本人が困る水問題。
硬水が合わない人はかなり飲み物に困りますよね。私は案外平気みたいで日本でも売られている「コントレックス」や「クリスタリン」を飲んでいます。日本では高価なフランスの水ですがこちらではただの水なのでお手頃です。

ただ、マグネシウムが多く含まれているので合わない人は下痢になります。

翌朝の朝食に食べようとニョッキを買ってみました。
日本から持ってきたパスタソースと和えてみるつもりですが、おいしいかなー?

美術館満喫の一日終了

 美術館三昧だったこの日。
歩き回って足は相変わらず棒のようです。この日の歩数は34,000歩を超えました。笑

日本ではそんなに歩くことはまずない私。
毎日、筋肉痛と足がつりそうなギリギリの感覚に悩まされています。

まだまだストライキが続くパリ。
地下鉄が動かないし不安定なのでディズニーランドはあきらめるしかないと思っています。ディズニーランドの2パークチケットと送迎費用が同じ金額するっておかしいよね。電車なら片道7€程度なのに10,000円近くするって完全にぼったくりだよ!!

パリでディズニー行けないからアメリカで行ってやろうと画策中です。
そこまでお金と気力が続いていればフロリダ行けるかなー?笑

そろそろ、カイロから先のルートを考えないと・・・

最後までお読みいただきありがとうございます。

最後の最後にお決まりのやつ!

f:id:sak1gk:20191229071234j:image

ランキングもご協力お願いいたします!

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村