せかまるblog

バルセロナ滞在中!!

【Re:旅15日目】パリ→イスラエル移動!イスラエルへの出国は本当に大変だった・・・。

2020.01.02

今日はパリからイスラエルへ移動します。
楽しみにしていた国イスラエルです!不安も多い国ですが、治安はいい国。

どんな入国審査なのかものすごーく不安に思いながら空港へ向かいました。

【Re:旅15日目】パリ→イスラエル移動!イスラエルへの出国は本当に大変だった・・・。

f:id:sak1gk:20200104032948j:image

Orly空港へ向かいます。

出発

朝、4時にアラームをかけていた私。
眠すぎて起きられない・・・・4時5分には何とか起きました。

起きて準備をして5時35分に部屋を出てチェックアウトしました。
まだ受付の人はロビーのソファーで仮眠中でした。

Montparnasse駅まで歩いて向かい、バス停に到着。

バス乗車

バスは時刻通りやってきました。
載ったのは6時05分のバスでした。荷物を下に入れてもらうため預けるのですが、思いっきり放り投げられます。笑

おい、人の荷物を何だと思ってる!って言いたくなるぐらいに・・・

バスに乗ると荷物を置く台もありました。
そんなに大きい荷物じゃなかったら中へ持ち込む方が安心かも・・・

渋滞がなければバスで20分ぐらいで到着します。
あっという間にバスは空港へ到着しました。

空港到着

空港に到着しました。
私たちが乗る飛行機は第3ターミナルかです。オルリー空港は1・2・3ターミナルが同じ場所で4だけ離れています。

ヨーロッパで飛行機に乗る時にいつも思うんですが、日本みたいに3時間前じゃないとって航空会社の方が少ない。いつも少し早く空港へ到着するのですが、チェックインを待つことは少ないです。

イスラエル入国の試練はパリから始まる。

チェックインと預け荷物

今回の飛行機は「トランサヴィア(Transavia)」です。
チェックインカウンターへ向かうといくつかの便を同時にしている様子でした。

セルフチェックインの機械もあったのですが、この便は使用できないと表示されました。列に並んでいると途中にいる係の人に予約票を見せて行き先を伝えます。ここでも英語での質問多数・・・。

女性が質問をしながら紙に記入しているのですが、内容は・・・

「いつフランスに来たのか」

「いつユーロ圏に入ったのか」

「どのくらい滞在していたのか」

「日本のどこに住んでいるのか」などでした。

こういう時の英語って相手によっては攻め立てるように言うから余計に戸惑ってしまうんですよね。苦手だから本当に責めないでほしい。

ここで預け荷物がいくつあるかも確認されます。
確認するとその荷物に蛍光オレンジのシールが張られました。4枚ぐらい。

f:id:sak1gk:20200104031839j:image
絶対に剥がれてはいけないようでした。

その作業が終わったところで別レーンへ案内されました。
そこでは特に質問もありません。そのままチェックインしてチケットを受け取ります。

まるで犯人?セキュリティチェック

チケットを受け取ってセキュリティチェックへ向かいます。
Dのゲートへ行くように言われたのですが、同じところにあった空いている方のセキュリティチェックへ行くと「ここではない」と込み合っているセキュリティチェックへ回されます。

そして、他の人とは違う様子。
先ほどのように係の女性が0から10まで案内してくれます。

「SELECT」の文字板が入れられた箱を渡され、カバンにある電子機器をすべて出すように指示されます。液体があればそれもすべて出すようです。

所持品をすべて出して普通ならセキュリティゲートを通って終わりなんですが、別ルートへ案内されました。そこでは、男性スタッフと女性スタッフが待ち構えています。

まず、硝煙反応検査が行われます。
まさに初体験です。笑

ここでやって調べるまで何の検査かさっぱりわかりませんでしたが、硝煙反応の検査だったんですね。

硝煙反応検査の後は、入念なボディチェックです。
本当に全身くまなく触られます。笑
周囲の人は「あいつ何やらかしたんだ?」って顔で見ています。

ボディチェックが終わったら金属探知機で全身検査して、やっと終了!!

それから、荷物を取りに行くとまた検査が始まります。笑
カバンの中身を全部掘り返されて何もなければ返却されます。私と同じタイミングで検査を受けていた人は液体をほぼ全部没収されていました。

ぐちゃぐちゃになったカバンを返してもらったらやっと終わりです。

出国審査

荷物検査を受けたら出国審査へ向かいます。
オルリー空港で不思議だったのが、出国審査前に免税店があったことです。

免税店を抜けて出国審査へ向かいます。
ここでも質問・・・

「いつフランスへ来たのか」

「どこから来たのか」

「日本のどこに住んでいるのか」

最後に・・・「入国のスタンプがないけど、どういうことだ?」って・・・

いやいや、そんなわけないでしょ。
ベルギーから来たからちゃんとあるよ?って言っても探せないみたいで、パスポートを差し出される。パラパラめくるとちゃんとスタンプはありました。

いつもだけどEU圏のスタンプを押す位置がいい加減なんだよ。毎回自分たちでわからなくなってるし、ちゃんと押せばいいのにね。

スタンプが無事見つかり出国OK!

大変な出国手続きは終わりました。

イスラエルへ出発

搭乗待ち時間

私たちの飛行機はコンコースDでした。
コンコースDにはラウンジはありませんでした。そのため、待ち合いで過ごします。

f:id:sak1gk:20200104031943j:image

朝食を食べる間もなく出てきたので、とりあえず水を買って何か食べようと思ったのですがかなり高い。水が500mlで2.1€もするって・・・

飛行時間は4時間ちょいぐらいなので水を持たないわけにもいかないと思い、仕方なく購入。POULでバゲットのサンドウィッチを買って食べました。

飛行機を待っていると双子の赤ちゃんの内の一人が歩いてきました。

f:id:sak1gk:20200104031921j:image
私の足をつかんでニコニコしている・・・めっちゃかわいい♡
とっても愛想のいい子で人見知りもしない様子。しばらくの間、私に癒しを与えて去っていきました。(この子は飛行機内でも前の座席で時々相手してくれました)

いよいよ搭乗!

搭乗時間になり飛行機へ向かいます。

f:id:sak1gk:20200104032100j:image
飛行機まではバスで・・・ということですが、バスに乗ってから飛行機に到着するまでかなり長かったー。もうちょっと近くから運べなかったの?って思うくらい離れていました。

機内に入ると小さめの飛行機で緑のシート。

f:id:sak1gk:20200104032132j:image
足元は少し狭いのですが、4時間ぐらいなら支障ないくらいでした。座席は満席でもなく少し空席がある程度でした。日本人は私たちだけのようでした。

機内には家族連れが多く赤ちゃんがたくさん。
イスラエルって子どもが多いんですね。
双子ちゃんも数組いました。アジアの飛行機でおじさんが騒いでるのとは違い子どもたちが騒いでいるのは遠足のようで楽しい。

到着からの入国審査

飛行機は無事到着しました!
そこから向かうのは、尋問を受けると噂の入国審査です。

入国審査はかなり混雑していました。
入国審査だけで1時間ぐらいは待ったかなー?

私たちの順番がきました。
時々、審査に時間がかかる人はいましたがほとんどの人はすんなりと通って行きました。私たちも大丈夫だろうって気持ちで向かいました。

聞かれたのは・・・

「何しに来たの?」

「仕事とかではない?」

「どのくらい滞在するの?」

「日本のどこに家があるの?」

これだけでした。あっさり終了!!

列車で空港からエルサレム

両替

f:id:sak1gk:20200104032132j:image

多少の現金が必要ということで空港で両替しました。
手数料は少し高め?

100ドル以上の両替でも1.83%がコミッションで取られます。
でも、それ以下だともっと悪いので150ドル両替しました。

列車移動

空港からエルサレムへ向かう方法はエアビーのオーナーから教えてもらっていたのですが、内容がイマイチわからなかったんですよね。

グーグルマップで調べて行き先を見せて何に乗ればいいか尋ねて回ります。
グーグルマップの表記ではバスのように見えましたが電車だったみたいです。

10番の電車って・・・バスだと思いますよね?

みんな色々教えてくれたのですが、一番まともな答えだったのはやっぱりインフォメーションの人でした。バスを探していたら声をかけてきたのはタクシードライバーだったし、バス乗り場にいた人は「それは二階じゃない?」と言ってきたし・・・笑

インフォメーションを信用すべきでした。

電車の料金は17シュケルです。

f:id:sak1gk:20200104032311j:image
ちなみにグーグルマップの表示・・・4シュケル。おい!!

f:id:sak1gk:20200104032358j:image

列車に乗り込むと座席は満席で座ることができませんでした。
お祈りの時間だったようで私たちがいた電車の接続スペースではユダヤ教の方々のお祈りが始まりました。

こんなところでも欠かさないなんて本当に熱心なんですね。

無事、エルサレムに到着した私たちは宿を探します。
駅から10分ほど歩いた場所にある部屋を借りたのですが、オーナーから連絡がない。

とりあえず、宿の方へ行ってみると・・・「さき!!」と呼ぶ声が。
部屋のオーナーが外で待っていてくれました。

部屋へ案内してもらい、片付けて外へ出ます。

エルサレム最初の食事

エルサレムに着いたのは18時ぐらいでした。
宿の近くには市場もあったのですが、まだ慣れないしかなり込んでいたので市場でパンだけ買って駅前の方へ向かいました。

f:id:sak1gk:20200104032532j:image

通ってきたところにあった美味しそうなお店で今晩のご飯を買うことにしました。

f:id:sak1gk:20200104032501j:image

ここで注文したのは、PitaのMixでお値段は45シュケル(約1400円)。
めっちゃ高い・・・。でも、一日目なので仕方ないってことで豪華に一人一つ頂きました。

具は、レバーやお肉、ポテト、野菜などたっぷり入っていました!

f:id:sak1gk:20200104032601j:image
これなら日本でも同じくらいするよね?ってことで問題なし!!笑

こんな一日で無事終了!

イスラエルへの移動日だったこの日は無事入国することもでき楽しく過ごすことができました。これから問題なのが明日は晴れるのですが、明後日から雨が続きます。

これは、ベツレヘムへ行くなら明日しかないってことで急いで下調べ・・・。

バンクシーの絵やパレスチナ自治区周辺を散策してこようと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

ランキングへのご協力もお願い致します。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村