せかまる.blog

2年後の旅に向けて再始動!

【Re:旅17日目】まだまだ続く安息日のエルサレム旧市街へ行きイエス・キリストを辿る。

2020.01.05

この日は、雨予報でしたので、雨が降るまで出かけようってことで出発したのは9時でした。今日は土曜日なので日没まで安息日(シャバット)が続きます。

【Re:旅17日目】まだまだ続く安息日エルサレム旧市街へ行きイエス・キリストを辿る。

f:id:sak1gk:20200106072758j:image

安息日の旧市街

f:id:sak1gk:20200106072847j:image

安息日にはどこの店も営業していない。だから、行くべきではないとよく言われるのですがそんなはずない!ってことで旧市街へ出かけました。

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、旧市街は5つの区域に分かれています。

シャバットはユダヤ教の習慣なので他の宗教は関係ない。
だったらお店は営業しているはず!ってことで行ってみました。

キリスト教徒地区

まず、向かったのはキリスト教徒地区辺りです。
ゲートから入ってすぐのところでは営業しているお店がありませんでした。

あれ?やっぱり営業してない?って思いながら奥へ進みました。

目的地を「聖墳墓教会」として進んで行きました。

開いている店発見!

f:id:sak1gk:20200106073018j:image
お土産屋さんがいくつか準備していました。

やっぱり営業してるんだー!ってことで安心して散策へ。
お土産屋さんが多く点在する辺りにくると観光客の姿が増えてきました。

f:id:sak1gk:20200106073056j:image

かわいいTシャツがたくさん。

みんなちゃんと調べてるんだなー!って思いながら「聖墳墓教会」に到着。

聖墳墓教会

f:id:sak1gk:20200106073142j:image

ここはイエス・キリストのお墓がある教会です。
エスが処刑されたといわれているゴルゴダの丘があったのが現在この教会が建っている場所だと言われています。

一時は場所がわからなくなったゴルゴダの丘ですが、処刑に使用されたとみられる十字架や釘が発見されたことで発覚しました。それを受けて時のローマ帝国皇帝の命によりここに建設されました。

入り口からすぐのところにある埋葬の準備に使われた石台には多くの信者が祈りをささげている姿があります。

f:id:sak1gk:20200106073231j:image

その後ろには鮮やかな壁画。
このような美しい壁画が教会内の至る所で見られます。

f:id:sak1gk:20200106073313j:image

これは少し奥へ入ったところ。
f:id:sak1gk:20200106073309j:image

これはイエスのお墓近くのあたり。

この近くの階段を上ると祭壇のようなところがあり、ここでもろうそくを片手にお祈りをしている方が大勢います。

f:id:sak1gk:20200106073438j:image

ほとんどの人が立ち入るところがイエス・キリストの墓がある場所です。

f:id:sak1gk:20200106073503j:image
私たちが行った時には多くの人が並んでおり、かなりの待ち時間が予想されたため並ぶのをやめました。

信者でもない私たちが入っていくのも何だか申し訳ないしね。

ヴィア・ドロローサ

f:id:sak1gk:20200106073540j:image

 ヴィア・ドロローサイエス・キリストが十字架を背負って歩いたとされている道です。この道は死刑の判決を受けてから「ピラト官邸」から「ゴルゴダの丘」までを指します。

1からスタートし、14の場面を回ります。

f:id:sak1gk:20200106073615j:image
こんな感じで表示されているのですが、私たちがこの日見つけることができたのは7番まででした。

f:id:sak1gk:20200106073639j:image

また時間があれば最後まで順に巡ろうと思います。

聖墳墓教会が14番目なので最後は抑えてるんですけどね。

この辺りで雨が降り始めました。

雨が降ってきたので退散

雨が降るまでの観光予定だったので宿へ戻ることにしました。
宿へ戻るときにお店が開いていればよかったのですが、まだ日没ではないのでシャバット中です。

この日、嘆きの壁にも訪れたのですがシャバット中はカメラやスマホが禁止されるので撮影はできませんでした。中には隠れて撮影している人もいましたが、スマホを出しただけで注意されます。

f:id:sak1gk:20200106073758j:image

部屋へ戻ってブログを書いていました。(前回の分)

それからしばらくして雨が小降りになり、信号が動き始めました。
あ、シャバットの終わりだ!!

信号が青になってる!!(シャバット中はずっと黄色の点滅でした)

晩ご飯を探して・・・

晩ご飯を何か買いに行かなければってことで雨がやんでいるうちに出かけました。
近くの市場はまだ営業していないので少し離れたところまで行ってみることにしました。行ってみると言ってもだいたい行く店は決まっていました。

シャバットが終わり待ちの雰囲気が一変しました。
雰囲気が明るくなり人も増えました。車も走っています。

シャバット中は車の運転もできないので車もかなり少なくなります。

マクドナルド

道の広告で見かけていたマクドナルドが気になっていたので行ってみることにしました。マクドナルド周辺に行くと営業しているお店がたくさんありました。

何だか安息日明けって気分が上がります。
やっと解放されたー!!って感じ・・・

マクドナルドは2店舗ありました。
コーシャ対応のマクドナルドと普通のマクドナルドです。

コーシャって何か。

コーシャは、イスラム教徒のハラールフードのようにユダヤ教徒の戒律に基づいた食品を使用したもののことです。(清浄な食品)

私たちが行ったのは普通のマクドナルドです。

日本では見たことがないのですが、タッチパネルで注文します。
支払いもそこで済ませてしまうので言語がわからない私たちにはとっても助かるシステムです。

支払いをして待っていると番号でできたことが知らされるので待っていればOK!
イスラエルに来て思うことの一つなんですが、どこの店も仕事が雑。

日本なら即クレームになってもおかしくないほど商品投げます。笑
食べ物渡すときの袋もぐちゃぐちゃだったり・・・

マクドナルドでここまでレベルが低いのは初めてかも・・・ってぐらいひどかった。

それにどこのマクドナルドよりも高かった。

ビッグマックセットの値段がパリよりも高いことに驚きました。

私たちが注文したのはチキンパーティーセットです。

f:id:sak1gk:20200106073825j:image
これで3000円なり。

ケンタッキー行くよねーーーーー。。。
安息日明けで勢いで買ってしまったやつ。

部屋へ戻って夕食で終了

この日は雨であまり長く観光ができませんでしたが、それなりに楽しい日を過ごしました。安息日って初めて体験すると何で休みなんだー!って思うけど、悪くないと思う。日本も祝日くらい全部の店休みにすればいいのにって旅行を初めてから思うようになった。

有給休暇を年間5日は取得するようにと法律で決められましたが、ほとんどの会社が奨励日とかいう名目で従業員に自由な休みを与えていない。ひどいところは年間休日減らしてたりする。そういうのよくないよね。

コンビニの24時間営業だって必要ないと思う。
コンビニがないならないなりに人は行動する。

全然関係ないようだけど、色んな国へ行って考えるようになったこと。

夕食はマクドナルドとスープ、2シュケルコッペパンで美味しく頂きました。
シュケルのパン美味しかったー!!

もうすぐイスラエルからヨルダンへ陸路移動です。
通る道は「キング・フセイン橋」国境として認められていないのでちょっとだけ面倒な場所ですが、事前にビザ取得したので問題ない。

尋問受けないように祈るばかりです。笑

色々な宗教の歴史に触れ、知らなかったことを知る毎日。
少しずつですが、自分の中の考え方や人との関わりが変わっていくような気もしています。

明日は晴れたら「オスカー・シンドラー」のお墓を訪れます。
これも旅をきっかけに興味を持った人でポーランドアウシュビッツを訪れたことで興味を持ち「シンドラーのリスト」って映画を見て知った歴史。

クラクフ第一次世界大戦の歴史に触れてから関係する資料や映画を見ることが増えた私。軍事博物館でも興味を引くのは第一次世界大戦からのものになった。

本の学校では近代史をあまり勉強しない。
時間数の関係もあってかさらっと過ぎてしまう。

渡航先が増えるたびにあの頃もっと勉強しておけばよかったなーって思うことが増えます。その都度、勉強して成長している気もしています。

長々と書きましたが、そろそろ寝ます。
現在、6日の0時20分です。

最後までお読みいただきありがとうございます。
ランキングへのご協力もよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村