せかまるblog

バルセロナ滞在中!!

【Re:旅20日目】エルサレムからアンマンへ最短距離での陸路バス移動!

2020.01.07

今日はエルサレムからヨルダンへの移動日です。
通るルートはキング・フセイン橋を通る最短ルートです。ここを通るためにヨルダンのビザを日本で事前に申請してきました!ワクワク・ドキドキのバス移動です!

【Re:旅20日目】エルサレムからアンマンへ最短距離での陸路バス移動!

f:id:sak1gk:20200108042128j:image

乗合タクシー乗り場へ

 先日、確認に行ったタクシー乗り場へ向かいます。
宿から40分ほど歩いて向かいます。バッグパックの重さ15Kgぐらいとサブバッグ5Kgぐらいを担いで40分歩くのは未だに大変です。

f:id:sak1gk:20200108042204j:image

7時ごろに宿を出発し、7時40分ごろに到着しました。
ヨルダン行きのバスに乗りたいと伝える間もなくおじさんとお兄さんは覚えていたようで「OK!47シュケル」と言いました。

8時過ぎに出発するそうなのでそれまで待ち合いのようなところで待ちました。私たち以外は観光客ではなさそうです。そのせいか、おじさんめっちゃ気を遣ってくれました。

Wifiのパスワードいるか?

もう少し時間があるから座ってて。

あと15分だよ。

あと5分で出発するよ。

と何度も声をかけてくれて、とっても親切な方でした。

バスに同乗するのはイスラム教の方ばかりでした。

エルサレムからヨルダンへ陸路移動

出発

f:id:sak1gk:20200108042146j:image

ついに出発!
出発してすぐに途中乗車の人に私のバッグパックを道路に落とされる事故はありましたが、他は問題なく進んで行きました。

死海の近くを通りながら国境へ進んで行きます。
国境近くになると住居はなく荒野が広がっていました。所々にパイナップルやバナナの農園のような場所がありました。この辺りは少しあったかいのかな?

1回目のパスポートチェック

死海を離れて少し時間がたったくらいで1回目のパスポートチェックがありました。
アラブ語かヘブライ語かわかりませんが「パスポート、パスポート」と他の人が教えてくれました。乗客の一人が回収して入ってきた係の人に渡します。

そして、1人ずつパスポートを確認していきます。
これはタクシーに乗ったまま行われる簡易的なものでした。

確認が終わるとパスポートが返却され先へ進みます。

キング・フセイン橋国境到着

イスラエル側の国境に到着しました。
特に案内はなく・・・というか言葉がわからないのでみんなに続いて降りました。笑

降りたらタクシーに積んでいた自分の荷物を降ろします。
荷物とパスポートを持って外で待ち構えている男性にシールを貼ってもらいます。

荷物検査と出国審査を一致させるためなのか何のためなのかわかりませんが、そこで荷物は回収されました。

回収する際に声をかけてきた男性。
男:どこから来たの?

私:日本から来た。

男:お金持ってるか?

私:何?

男:荷物の検査スルーしてやるよ。

私:問題ない。ありがとう。

男:おい、いいのか?おい・・・

荷物検査をスルーする代わりに賄賂を要求してきた男性。
イスラエルでもそんなことがあるんだなーと思いました。ベトナムではよくあることなんですけどね。意外だった。

出国手続き

荷物を預けたら出国手続きをします。

まず、出国税の支払いです。
国税はクレジットカードでも現金でも支払いが可能です。

ここで現金支払いを進めてきますが、現金が残っていない人は断った方がいいです。
私たちは出国税をクレジットカードで支払ったのですが、そのあとにディナールの両替をしないかと言われ両替をしました。

ここのカウンターはありえないぐらいレートが悪いです。
事前に調べておけばよかったのですが、調べていませんでした。
その上、スマホ使用禁止だったためここでレートを確認することができず・・・両替をしてしまいました。

国税…182シュケル

両替…100ドル→59ディナール(本当は70ディナールぐらいが相場)

あと、出国税支払いの際にヨルダンのビザを持っているか確認されます。
キング・フセイン橋はビザがないと通過できないよと声をかけられました。

国税を支払ったら出国審査へ進みます。
ここでの質問は・・・「What your name?」

え、それだけ?って感じで拍子抜けしました。
尋問を受けるとか別室へ連れていかれるとか・・・写真消されるとか・・・そういうブログ書いてる方はいったい何をしてそうなったんだ?ってぐらい簡単に通過しました。

出国審査が終わると入国時同様出国スタンプ代わりの紙を受け取ります。
それをもらって次のカウンターにいる女性にパスポートと紙を渡して確認を受けたらゲートを抜けて出国完了です!

出国手続きを終えて外に出るとバスへ案内されます。
その時に預けていた荷物を受け取るのですが、ここでもまた変なやつがいました。

バスまで勝手に荷物運んでチップ要求してくるやつ。
払わなくても何も言われませんが、バスが出発するまでに何かされると嫌なので残っていたシュケルの小銭を渡しました。

バスは旅行者と在住者別々に乗車しているようでした。

ヨルダン側の国境

まず、パスポートを回収されました。
パスポート回収され、そのままバスは先に進みました。

え、いつパスポート返ってくるの?って思いながらバスに乗っていた私。

少し走ったところにさらにゲートがありました。
やっと入国審査のところに着いた様子。

黙って乗せられたバスですが、実は有料?
降りる際に荷物の数を確認されて二人で8ディナール支払いました。

何の説明もなく料金だけ言われるから本当に困ります。
なんでもいいやーってことで支払いをしてバスを降りました。

バスを降りて荷物を持って中へ入りました。
同じバスに乗っていたカナダ人女性に声をかけられました。
「アンマンに行くの?一緒にタクシー乗らない?」と・・・
私たちもアンアンに行くので「いいよ」って返事したもののやり取りが大変だ。
英語が苦手なので聞き取れても話せない。笑

何だか申し訳ない・・・

荷物検査はX線検査だけでした。
入国審査も顔の確認のみ・・・簡単すぎる。

入国カードを書いてハンコをもらったら終わり!

ヨルダン国境からアンマンへ

元々は2人で行く予定だったのでバスを探すつもりでした。

タクシーかバスか

カナダ人女性はタクシーで行きたい様子。
タクシー運転手が「バスではアンマンに行けないよ」と言うのですが、そんなはずはない。バスがあるはずなんだけど・・・と思いつつ。

「アンマンまで1人10ディナールでいいって」とカナダ人女性。

うーん・・・安くはないな。
よしみとどうするか話しながらも仕方なく乗車することにしました。

タクシーでアンマンへ

タクシーに乗ってわかったのがこのドライバー白タクだった。

まあ、白タクに乗るのも慣れてるからいいんだけど、絶対騙されたなー。バスで行けたはずだと思いながら自分の英語力を悔やみました。

タクシーで審査場を出る際に先ほど記入した出国カードを提出します。

タクシーの運転手曰く「Small paper」。

タクシーでは朝早かったせいもあって眠気が襲います。
でも、海外のタクシーで寝るのは怖いので必死で耐えます。

よしみはいつも爆睡・・・。
私も少しウトウトしていましたが、ドライバーの隣で何とか耐えました。

ホテル到着

無事、ホテルに到着しました。
ホテルのチェック時間まではまだ時間があります。
チェックインは無理だろうなーって思いながら向かいました。

もっと入国に時間がかかると思っていたのですが、かなり早く着いてしまいました。

ホテルは工事中でした。
そんなこと全く予約サイトに書いてなかったのに・・・仕方ない。
オーナー曰く明日には終わるらしい。

オーナーは掃除中で1時間後ならチェックインできるよ!と言ってくれました。
ここは安全だから荷物も置いて行っていいよとのこと。

とりあえず、貴重品以外は置かせてもらって外へ出ました。

初アンマン

初めてのアンマンです。
とりあえず、1時間何しようかなーって思いつつ散策。
もう少し両替しておこうってことで両替所に行き両替しました。アンマンでの両替はどこも良心的でした。

昼ごはん

まだ12時前でしたがお昼ご飯を食べることにしました。
ホテルの近くにあったレストランに入りました。

お店の前の写真が美味しそうだったから入ったのですが値段もお手頃。

イスラエルでの物価を考えるとかなり安い。

f:id:sak1gk:20200108042255j:image

f:id:sak1gk:20200108042343j:image

これだけ食べて10ディナール(約1530円)でした。

久々に食べた米は最高でした!

ホテルへ

ホテルへ戻ってチェックインを済ませます。
カード払いも可能でしたが、現金で支払う方が手数料など考えるとお得だったので現金で支払うことにしました。

あんまり両替してなかったので現金が足りない・・・。
オーナーは「明日でもいいよ!」と言ってくれたので一部だけ支払ってまた後で払うことにしました。

部屋はシンプルなお部屋です。
きれいではないけど、十分な部屋です。

冷蔵庫はないけどエアコンあるし、シャワーもトイレも部屋にある。
問題なし!!

SIMカード

f:id:sak1gk:20200108042411j:image

スマホが使えないと仕事もあるので困ります。
SIMカードを買わなければなりませんが、近くのお店では明らかにぼられてる金額を提示されたのでペトラ遺跡までのチケットを買うついでに買いに行くことにしました。

向かったのはショッピングモールです。
ホテルから徒歩40分。笑

f:id:sak1gk:20200108042502j:image

JETTバスのチケット売り場がそこだから仕方ない。

ショッピングモールに到着してショップへ行ってみました。
Zainというお店に行ったんですが、お店の人の説明が結構ラフってか雑。笑

スピーディーな英語で説明されてもイマイチわかりません。
癖のある英語だから余計にわかりません。

とりあえず、一番安い8GBのSIMを1枚だけ購入することにしました。
8GBで14ディナールでした。

アンドロイドのスマホに入れてテザリングして二人で使うことにしました。

チケット購入

明日は早速ペトラ遺跡に行こう!ってことでペトラ遺跡行きのチケットを買いに行きました。JETTバスを利用して行きます。

片道:11ディナール

往復:18ディナール

朝、6時50分のバスに乗って向かいます。
明日が楽しみ!!

スーパーで買い物

ショッピングモール内にあったスーパーで買い物しました。
スーパーに行けばその国のだいたいの物価がわかります。

イスラエルから来た私たちからすると安い!!
ヨルダン最高!!って感じでした。

水を3本と果物や洗剤を買ってホテルへ戻ります。

ダウンタウン散策

ホテルへ戻ってから荷物を置いてダウンタウンを散策しました。
夕食を買って、おやつを買って・・・

明日のために早めにホテルへ戻りました。

今日の夕食はこんな感じ!!

f:id:sak1gk:20200108042437j:image
クナーファまた買いました♡

ヨルダン一日目ですが、みんないい人で楽しくお買い物できました。
お店の人も陽気で外国人に親切です。

昨日までいた国の人とは違うなー。
アジア人を馬鹿にするユダヤの人結構いたからなー。
日本も海外も人によるんだろうけど、そういうのって国の印象になっちゃうんですよね。人の振り見て我が振り直せですね。

今日はここまで!

今日はイスラエルエルサレムからヨルダンのアンマンまで移動してきました。
ヨルダンの滞在は4泊5日です。

あっという間に過ぎてしまいそうなのでしっかり予定をたてなければと思っています。
ヨルダンからカイロへ行き、カイロから先の予定は未だに決まっていない状況。

そろそろ決めないとまずい・・・

明日はペトラ遺跡へ遊びに行ってきますが今夜は頑張って次の予定を考えようと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

みなさんが期待していたようなトラブルもなくイスラエルを通過してしまいました。
ネット情報って大げさなのかもしれませんね。

ランキングへのご協力もお願いします!!

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村