せかまる.blog

日本帰国しました。

【Re:旅22日目】トラブル発生!雨の中向かった死海でさ迷い歩きたどり着いたビーチ【ヨルダン死海】

2020.01.10

今日は散々悩みぬいた末、雨予報の死海へ向かいました。
死海イスラエル側とヨルダン側で行くことができるのですが、イスラエルでも死海周辺は雨予報が続いていたため行けていませんでした。が、今回Twitterで知り合った「まるさん」と一緒にヨルダン死海へ行くことになりました!

【Re:旅22日目】トラブル発生!雨の中向かった死海でさ迷い歩きたどり着いたビーチ【ヨルダン死海

 ホテル出発!バス乗り場へ

バス停までタクシー

今日は、朝8時にホテル前で待ち合わせてタクシーでJETTバスの7circleにあるオフィスへ向かいます。事前予約なしでのバス乗車のため少し早めに出発します。

メータータクシーで向かいました。
料金は2.5JDぐらいだったかな?

バス停手前で降ろしてもらおうとしたところ運転手さんがJETTバス乗り場まで行くと連れて行ってくれました。

そりゃそうだ、メーターちょっと上がるもんね。

アンマンは雨模様なので死海の天気が気になります。

バスステーション到着

バスのチケットを買おうとカウンターのお姉さんに聞いてみたところ、バスの時間まで待つようにとのこと・・・。

大丈夫なのか?ってことで再度確認。

おじさん登場!
バスの中で集金するから待っててとのことでした。

バスが来たら教えてくれるかもわからないし不安な気持ちで待ち合いで待ちます。
しゃべりながら待っていると後ろにいた女の子が「日本人の方ですか?」と声をかけてくれました。

私たちと同じく旅行者かと思ったらヨルダン大学に留学しているとのことでした。友達と死海ビーチにあるホテルへ行くそうだ。アラビア語を勉強しているなんてすごいなー。

その女の子に教えてもらったのですが、アラビア語って口語と書き言葉が違うらしい。しかも、同じアラビア語でも国や地域によって違うんだとか・・・。

全く知らなかった事実。
そんな変わった言語を学ぼうと思ったきっかけって何なんだろう。
私もベトナム語を勉強していると話すとよく変わってるって言われるけど、興味を持つきっかけがあったというだけのこと。きっと、その子にも何か学んでみようと思うきっかけがあったんだろうな。

それにしてもそんな難しい言語を学び留学までしているなんてすごいと思う。
サッカーで海外留学を考えていたけど、自信がなくてできなかった若いころの私とは全然違うな。今の若い子は海外へ行きやすくなったこともあるかもしれないけど思い切りのある子が多いのかなー。

バスに乗って死海へ・・・

死海行きのバスが到着したようなのでバスへ向かいます。
ちゃんとバスが来たら何となく教えてくれました。笑

バスに乗ってから先ほどのおじさんがチケットの確認にやってきました。
チケットを持っていない人はここで支払えば買える仕組みのようです。

死海までのバスは往復で10JDとパンフレットに書かれていましたが現在は12JDに値上がりしたとのことでした。ちなみに往復でも片道でも同じ料金を取られるようなので片道の方は利用しない方がいいかもしれません。

バスは結構なスピードで死海へ向かいます。
死海までは近いので休憩はありませんでした。

だんだん窓越しにきれいな海岸(死海)が見えてきます。

f:id:sak1gk:20200111030331j:image
海じゃないけど遠くからみるとどこにでもあるきれいな海のようです。

JETTバスの死海行きのバスは好きなビーチ(ホテルやパブリックビーチ)で降りることができるようです。たぶん、最終到着地点はアンマンビーチです。

ヨルダン死海に到着!!

私たちがバスを降りたのは「クラウンプラザホテル」の前です。
このホテルの死海ビーチで遊ぶつもりで来たのですが・・・・

死海の辺りは雨です。それに風も強い・・・
めっちゃ寒いけど大丈夫かなーって思いながらホテルの入り口へ向かいました。

死海周辺ホテルの仕組み

ヨルダン側の死海ビーチのほとんどはホテルが所有しています。
ほとんどのホテルでデイユースが可能なんですが、デイユースの事前予約はHPなどに記載されていません。電話をすれば教えてくれそうですが、電話で済ませるのって難しいですよね。

とりあえず、ホテルに行ってみたのですがヨルダンのホテルにはゲートがあります。
守衛さんみたいな人がいて普通に中に入って行くことができません。

ゲートのところでデイユースの説明を受けます。
その場で支払うシステムのところも多いようで支払わないと入れてくれません。

怪しい料金表

クラウンプラザ ヨルダン デッド シー リゾート&スパ」に行ったのですが、普通は料金表って手書きじゃないですよね?安宿ならまだわかります。

ここは5つ星ホテルです。
それなのに手書きのメモのような料金表。

今日は天気が悪いからビーチの前までしか行けないと言われました。
それだけならまだ怪しまなかったのですが、そこからです。ゲートにいたおじさんのめちゃくちゃな対応が始まりました。

※ここへはこの日2回行きました。内容を分かりやすくするために時系列ではなくまとめて記載します。

1回目:手書きの料金表を見せながら適当に説明されます。
イマイチ話の内容がわからなかったのですが、ビーチには入れないという説明から始まり各サービスの料金説明をしたおじさん。

事前に調べていた料金よりも明らかに高い。
事前情報と言っても2019年の新しい情報なのでそこまでの変更はないはずです。

そして、おじさんは私たちに「このホテルは高いし死海にも入れない。Ohビーチなら死海に入ることもできるしもっと安いよ。そっちに行きなよ。」的なことを言ってきました。そして、こちらが訳が分からず何も答えない間に「電話で確認してやる。そっちのビーチなら死海に入れるし部屋もデイユースで用意できる。一人15JD(不確かですが、部屋だけの料金)でいいからどうだ。」と言ってきます。

そして、勝手にタクシーも呼び始めます。

おかしいですよね?
自分のホテルに来ている客を他のホテルに案内しようとしているんです。

普通じゃない。

料金表の写真を撮るのをかたくなに拒みます。
何かおかしい。

話していてもらちが明かないということで一旦その場を離れました。
隣のホテルに行って本当に死海に入れないのか確認することにしました。

隣のホテルではホテルのロビーまで通してくれました。
そこでも今日は天気が悪いので死海に入ることができないということでした。
死海に入れないということに関しては嘘じゃない。じゃあ、もう一度行ってみようってことで「クラウンプラザホテル」へ電話してから行くことにしました。

2回目:ホテルへ電話をして向かった「クラウンプラザホテル」

ホテルへ電話して聞いてみると・・・

「ホテルの受付に来てくれたら利用可能なプランを説明するから来てほしい。」と言われました。

それなら行ってみようってことで「クラウンプラザホテル」へ戻りました。
戻った際に再度料金表を見たいと告げました。

料金表を見せるのも嫌がるおじさん。
ホテルに電話で予約をしているから料金表を見せてくれというと頑なに拒みます。

やっぱりおかしい。
ここで料金が書かれたメモの写真を撮ったところ・・・

激昂するおじさんwithおじさん。

ホテルに見られるとまずいのか?
なんで起こるのかはさっぱりわからない。

おじさんは警察を呼ぶ(たぶん警察もグルです)

警察は写真を消すように求めました。
写真を消さないならパスポートを見せろと言っていました。

もちろん、悪いことをしているわけでもないのでパスポートは見せない。
しばらくその問答が続き、写真を削除したことを確認した警察はおじさんのところへ行きました。

おじさんの言い分は料金表はセキュリティ問題があると・・・

え、料金表にセキュリティ問題があるのか?
毎日変わるからセキュリティだと・・・・

え、毎日料金が変わるの?そんなことある?

ホテルへ電話してゲートにすぐに来るように何度も求めましたが、なかなかホテルのマネージャーは出てきません。ホテルもグルなのか?

マネージャーが行くと言ってからもなかなか出てこないホテルスタッフ。
本当に来るかどうかもわからない状況。

しかも、ヨルダンなので警察がどの程度信用できるかも不明。
ホテルも当てになるかわからない。

警察沙汰になると面倒なので、とりあえずここを離れることにしました。

クラウンプラザ ヨルダンがしている悪事

ホテルが主導で行っているのか、セキュリティゲートの人がお金を抜いているのかはわかりません。

ですが、確実にぼったくりをしてお金を抜いているホテルです。
セキュリティゲートの人が警察にもお金を払っている可能性があります。

このホテルへのデイユースは控えた方がいいと思います。
他のホテルへも行きましたが、セキュリティゲートの人がきちんとパンフレットを手に説明してくれましたし他のホテルへの誘導はありませんでした。

タクシーの運転手もですが、この辺りの施設は客を連れてきた人に対してキックバックを支払っているようです。

5つ星ホテルでも国の質が下がればホテルの質も下がります。
残念なことですが、お国柄だから仕方がないんでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村

↓↓続きもあるよ!!

 

アンマンビーチへ移動

この日の死海はあいにくの天候でどこのホテルでも死海に入るのは禁止されているようなので、きれいじゃないから行かない方がいいと噂のパブリックビーチへ向かうことにしました。

アンマンビーチへ歩いて向かう
タクシーのおじさん

私たちは死海ビーチに着いてから同じ道を何度も往復していました。
理由は「クラウンプラザホテル」であった出来事が原因なんですが、その間に何度も声をかけてきたタクシーがいました。

「アンマンビーチ、アンマンビーチ、1JD、1JD」と何度も声をかけてきたおじさん。この日に出会った回数は・・・・5回くらいかな?笑

4回目に出会ったとき同じように「アンマンビーチ、1JD」と声をかけてきました。
それを断って歩いて行こうとすると「Free、Free」と言ったおじさん。

え、マジか。タクシーにタダで乗れることがあるんだ!
初めての経験です。笑

おじさんのタクシーに乗ってアンマンビーチへ。
先ほど色々な怪しい光景を見た私は、きっとこのおじさんも何か施設からもらえるんだろうなって思っていた。

アンマンビーチへ到着すると中まで案内してくれるおじさん。

f:id:sak1gk:20200111030457j:image
私たちが支払いをしていると何か施設から受け取っていました。

バウチャー的なものか?と話しながら中へ案内されるがまま進んだ私たち。

アンマンビーチはこんなとこ

f:id:sak1gk:20200111030449j:image

アンマンビーチは想像していたよりもきれいでした!

料金:25JD(+食事:14JD)

屋外プールが二カ所ありました。
更衣室は男女分かれており、中にシャワーとトイレがあります。
更衣室にはロッカーがありますが、ロッカーのカギを使用する場合は有料だそうです。

ちなみにシャワーはお湯が出そうに見えますが、水しか出ませんでした。笑

ロッカーやシャワーは常にお掃除の担当の人がいるのできれいに保たれていました。

f:id:sak1gk:20200111030533j:image

いざ、死海

f:id:sak1gk:20200111030556j:image

とっても寒かったこの日、雨も降る中でしたがせっかくなので死海に浮かぶぞ!!ってことで水着に着替えて死海へ向かいます。

死海までの道のりは結構滑ります。
雨だからね・・・

すれ違う人、すれ違う人が「寒いよ」と言います。
寒い中無理してでも死海で遊びたい旅行者には何だか一体感が生まれてる感じでいつもよりコミュニケーション取りやすい。笑

冬の死海へ入ります。

f:id:sak1gk:20200111030718j:image

浮かぶ(スワン)

受付の人に死海で受けるのかと聞いたときに返ってきた答えが「スワンできる」とのこと。笑

死海に浮かんでいる状態のことを「白鳥」というのか。
初耳だ。

※私の英語力です。実際に白鳥という意味だったのかは定かではない。

さて、スワンになるべく入水!!

死海は石がたくさん。噂では塩の結晶が痛いとのことでしたが…

ヨルダンは違う?ヌメヌメした石の足つぼマッサージを受けながら奥へ進みます。

f:id:sak1gk:20200111030919j:image

白鳥にはなれませんでしたが、ラッコのようになってきました!

f:id:sak1gk:20200111030634j:image

どうですか?浮いてます?

f:id:sak1gk:20200111030950j:image
塩分濃度30%の死海は、デブでも・・・浮きます。笑

ちなみに手に持ってるのはペトラ遺跡のパンフレットです。

まるさんやよしみは傷口に塩が入り痛いと言っていましたが、私は意外と平気でした。

スワンになった写真を撮ったので早々に上がって着替えに戻ります。
泥パックは寒くてできない・・・

戻る前にドイツ人男性の2人組に写真を頼まれたので寒い中頑張って撮影してきました。浮かぶの上手でいい被写体でした!

着替えてご飯

ロッカーへ戻って塩を流します。
塩を流すためにシャワーを浴びるのですが、先ほども書いたように水です。

めっちゃ冷たいし寒い・・・。
寒中水泳状態。

しかも、浴びるシャワーも若干塩分が含まれているのでいつまでもベタベタしてる。
仕方ないですよね。水資源が少ない国で死海の近くならなおさら真水なわけがありません。

着替えが終わって水着を軽くすすいでから食事へ行きました。

アンマンビーチの中に食事するところがありました。
ビュッフェ形式で14JDです。ここはカード支払いも可能でした。

ビュッフェの内容

f:id:sak1gk:20200111031045j:image

f:id:sak1gk:20200111031100j:image

f:id:sak1gk:20200111031105j:image

ビュッフェは中東料理を結構楽しめる感じでした。
野菜も新鮮でサラダがたくさん食べられるのがいいですね!

私が取ってきたご飯はこんな感じ!!

f:id:sak1gk:20200111031123j:image
ヨーロッパでは食べられなかった米を食べます。

私は食べてませんが、フムスもありました!

水や飲み物は別料金でしたので持って行った水を飲みました。

ビュッフェを食べ終わってもまだバスの時間にはならないのでぐだぐだレストランで過ごします。グダグダしているとさっきのタクシーのおじさん登場!!

5度目の再会を果たしたのはレストランでした。

バスに乗ってアンマンへ

そろそろバスに乗れるだろうってことで15時30分ごろにバスへ向かいました。

f:id:sak1gk:20200111031242j:image
バスの運転手はバスの中で休憩していたようでドアを開けてくれました。

私たちが乗るとバスの中がたばこ臭かったからかドアを開けてエンジンをかけていました。

運転手が「クラウンプラザホテルのビーチは休みだったか?」と聞いてきました。
クラウンプラザで降りた私たちをホテル前で拾う予定だったので覚えていたんでしょう。休みかもって思ってたなら早めに言ってほしかったな・・・

バスがアンマンに近づくに連れて雨が少し強まっていきます。
また洪水になってるのかなーって思いながらブログを書いていた私。

途中眠くなったら寝て、起きたらブログを書いてを繰り返していた。

アンマンに到着!
バスステーションに到着し、タクシーを拾ってダウンタウンへ戻りました。

トラブルも思い出

雨の中トラブルもあり大変な一日でしたが、全部含めてとても楽しい一日でした。
トラブルが起きた際には、あまりの緊迫感にちょっとドキドキしたけど相手がまずいことをしているから警察も本気では動いてないことが見て取れたので恐怖を感じることはあまりなかったかな。

でも、海外では警察も信用できないので慣れないことはしないのが一番です。
クラウンプラザホテルのゲートスタッフは許せないので必ずトリップアドバイザーとグーグルマップの口コミは書きます。

日本語とつたない英語で書こうか検討中。

あのおじさんはすごく嫌いですが、ヨルダンの人は親切な人が多く大好きな国です。
あんなやつのために自分の旅が台無しにならないように過ごしていきたいと思います。

今回は、まるさんと一緒に死海へ行けて楽しい時間が過ごせました。
またどこかでお会いできる日を楽しみにしています。

旅をしてTwitterをしていなかったら出会うことがなかった出会いに感謝しています。

この日もクナーファ食べました!

f:id:sak1gk:20200111031213j:image

最後までお読みいただきありがとうございます。

ランキングに少しでもご協力いただけると嬉しく思います!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村