せかまる.blog

日本帰国しました。

【Re:旅25日目】エジプトと言えばピラミッド!怪しいやつに絡まれながらもピラミッド満喫。

2020.01.12

エジプトと言えばピラミッド!ってことでピラミッドに行ってきました。エジプト観光で面倒なのが客引きやセクハラ、詐欺野郎。そんなのに遭遇しながらも楽しんできました。

【Re:旅25日目】エジプトと言えばピラミッド!怪しいやつに絡まれながらもピラミッド満喫。

f:id:sak1gk:20200114022019j:image

ホテルからギザピラミッドへ

ピラミッドまでは直線距離だとすごく近いホテルに滞在中ですが、徒歩だと1時間くらいかかります。歩いて行こうとしたのですが、ホテルのスタッフに危ないからタクシーで行った方がいいと言われタクシーで向かうことにしました。

Uberタクシー

普通のタクシーだと値段の交渉や渋滞でのメーターの上昇が気になるのでUberを使うことにしました。

エジプトには前回も書いたようにもう一つアプリがあるのですが、何故だか使えないので少し高いけどUberで行きます。

Uberタクシーが迎えにきたのですが、ちょっとヤバそうなやつ。歯が黒いドライバーでした。

このドライバー値段の交渉を始めてなかなか発進しません。時間でチャーターしないかとGoogle翻訳で持ちかけてきたのですが、歩いて回るからいらないと何度も断りました。

あまりに長く発進しないのでホテルのセキュリティスタッフが心配して声をかけにきました。すると、男は車を発進し始めましたがまだ続きます。

何度も何度もいらないと断ってるのになかなか折れない面倒なやつ。

とりあえず、黙ったと思ったら何やら電話し始めた男。しばらくしてピラミッド近くに到着したのですが、私たちが設定していた場所はチケットオフィスです。

そこに怪しい男が近づいて来ます。

チケットを買えと…それにらくだや馬を勧めてきます。

いなくなったと思ったらまた別の男が来て色々勧めてきます。それがないと入れないと言うUberの男。

そんなはずないからオフィスに行けと言うと仕方なく進みます。

やっとのことで到着したのは私たちが行きたかったチケットオフィスではなくスフィンクスの方にあるチケットオフィスでした。

f:id:sak1gk:20200114022205j:image

結果的に何もなかったからいいものの面倒なドライバーは本当に疲れます。ベトナムでも観光地だと直接交渉を持ちかけられることはありますが、こんなにしつこくないですね。

チケット購入

f:id:sak1gk:20200114022339j:image

ピラミッドエリアに入るチケットが購入できる場所は2つありました。(他にもあるのかは知りません)

私たちがチケットを購入したのは、スフィンクス側(ピザハットマクドナルドの前)にある入り口です。こちら側ではピラミッドエリアチケットのみ購入可能です。ピラミッド内部へ入るチケットなどはギザピラミッドのチケットオフィスで買えます。(チケットが必要な場所で直接支払いも可能)

スフィンクス側のチケットオフィスにはチケットの価格表がありません。何とも怪しげな窓口で購入するので、かなり不安になります。

ここでピラミッドエリアチケットを200ポンドで購入し、中へ入りました。

ピラミッド料金

この日の料金はこちらです。

f:id:sak1gk:20200114022446j:image

事前に調べていた内容よりも値上がりしていました。ピラミッドの入場料は年々上がっていますが、どこまであがるんでしょうね。

ピラミッドエリア散策

ピラミッドエリアに入る際には荷物検査を受けます。
中東ってどこもテロ対策をちゃんとしている感じなんですね。

どこまで確認しているのかはわかりませんが、どこへ入る時もセキュリティゲートがあります。

ピラミッドエリアに入ってすぐのところで2組の若い子に話しかけられました。

f:id:sak1gk:20200114022550j:image
一緒に写真を撮ってほしいと言われます。中には勝手に撮ってくる人も・・・日本人が珍しいんでしょうね。スター気分が味わえます。笑

初日のタクシードライバーの話ではエジプト人は日本人が好きだからと言っていましたがどこまで本当かわかりません。

 ピラミッド

f:id:sak1gk:20200114022019j:image

私たちはスフィンクスゲートから入ったので目の前にいきなりスフィンクスが登場しました。スフィンクスってテレビや本でしか見たことがなかったのですが、意外と小さいな。というのが率直な感想です。

スフィンクスゲートからギザの大ピラミッドまで歩いて行こうとすると色んな人が声をかけてきます。

「らくだ乗らないか~?」

「馬に乗らないか~?」

「200ポンドだよー。パノラマ連れてくよー。」

など、ピラミッドの中を案内するという声かけばかり・・・。
どこでもこういうのあるからあまり気にしないんだけど、時々「チャイナー。馬乗らないかー?おい、チャイナー」って何度も言われると嫌な気分になるよね。これが「ジャパニーズ。ラクダに乗らないかー?おい、ジャパニーズ」でも嫌だよね。

国名関係なく国名で呼ばれると何だか馬鹿にされてる気がしてくる。

色々声かけられながらも無視したり、ひたすらNoと言い続けてピラミッドの辺りに到着。ピラミッドってめちゃくちゃでかいから近くから写真撮っても伝わらないんですよね。ただの石にしか見えない。

ピラミッドの周りをぐるぐるしてから中へ入るためのチケットを買いに行きました。

チケットの買い方

先ほども書きましたが、チケットオフィスは2か所あります。
どちらでもピラミッドエリアへのチケットは購入できますが、他の施設内に入るチケットはギザピラミッドのチケットをオフィスでしか購入できません。

ただ、後でわかったのですがチケットオフィスで買わなくても施設の入り口でお金を払えば入ることができます。

チケットは年々?日に日に値段が高騰しているのですが、私が行ったときはこのような感じの値段でした。事前調べよりも高くなっていました。

ピラミッド内部へ

注意点

クフ王のピラミッド(Great Pyramid)の中へ入るには400ポンドかかります。
ピラミッドエリアに入るよりも高いこの場所。

相当すごいんだろうなーって思いながら行ってみました。

入り口のところでカメラを持っている人は回収されます。
ただ、外の石の上に置かれるので、嫌な人はカバンの中に入れてから入り口へ行きましょう。カバンの中は確認されません。

私は手に持っていたため回収されました。
ケースに入れて渡さないと傷つく恐れがかなりありますので気を付けましょう。

内部の様子

クフ王のピラミッド内部は撮影が禁止されています。
でも、中に入ると監視の人がいる場所すらないくらい狭いため誰もいません。
そのため、スマホカメラで撮影している人が結構いました。

中に入ると気温が高くなります。
私たちが行った日は気温17度くらいでしたが、中は蒸し暑く汗ばむくらいでした。
これが真夏なら最悪だろうな。と思いながら奥へ進みます。

ピラミッド内部の奥に行くためには人が2人すれ違うのがやっとな道を進みます。
しかも、ずっと上り坂でその上り坂をかがんで登っていきます。

足腰に自信がない人にはお勧めしません。

奥へ進むとこじんまりした部屋に行きつきます。
ここに棺があるのですが、中は薄暗くほとんど見えませんでした。

ほとんど見えないので少し除いて出ることにしました。

ここは帰りの方が怖いです。
帰りも同じ道を進みます。
行きはまだ上り坂なので滑りにくいのですが、帰り道は下りで足場は木なのでかなり滑ります。早く出たいなーと思いながら急いで降りました。

やっと出口にたどり着きカメラを無事受け取ってまた散策へ出かけます。

ピラミッドエリアのパノラマ

道のり

ピラミッドを出てピラミッドエリア内のパノラマビューポイントへ向かいます。
3Kmくらい歩きます。

ほとんどの旅行者はツアーバスやタクシー、らくだや馬に乗って向かいます。
その中を私たちは歩いて向かいました。

途中で声をかけてきた馬車の人。
「200ポンドでパノラマまで連れてくよ。チャイナ」と声をかけてきました。
チャイナじゃないので、とりあえず無視。

まだしつこく話しかけてくる男。
「いくらなら乗るんだ?」と言ってくるので「50ポンド」と答えたよしみ。

すると、男は「50ポンドでもいいから乗れよ。」と・・・
男曰く50ポンドはエジプト人価格だと、スペイン人は400ポンド払うと・・・

しつこく言ってくるんだけど歩きながらやり取りをしているので先は短くなっていきます。距離が縮んでるんだから同じ価格で乗りたいと思うわけもなく断り続けました。

パノラマビューポイントへ到着!!

写真撮影

パノラマビューポイントには、ツアーバスで来ている日本人旅行者がたくさんいました。ツアーの人たちは普通に立って記念撮影をしている中、私たちはあーでもないこーでもないと色んな写真を撮っていました。

f:id:sak1gk:20200114022702j:image

私たちはここからだとおもしろい写真が撮れないってことでさらに近づくことに・・・

砂地を歩いてピラミッドがきれいに撮れる位置を探します。
誰もいなかった道沿いの砂地で長々と色々な写真を撮りました。

その中の一枚がこれ。

f:id:sak1gk:20200114022818j:image

たくさん写真を撮って満足してスフィンクス見て帰ろうって歩いてると声をかけられました。

日本人女性好きのらくだ乗り

f:id:sak1gk:20200114022931j:image

声をかけてきた人は、たぶん日本人の女性をターゲットにしている印象。

「ジャパニーズ、山本山。こんにちは。はじめまして」と知ってる日本語を並べて話しかけてくる。そして、ひたすらついてくる。

「ジャパニーズ。美人ね。ジャパニーズ ウーマン ビューティフル」

「なまえは?あなたと写真が撮りたい」

お金は撮らないから写真を撮ろうって誘ってきます。

とりあえず、写真だけならいいかと思い了承しました。

らくだの前で写真を撮って、次はラクダにのるように言われます。
この時もお金は撮らない。お金がほしいんじゃない。日本人の女性が好きだ。と言います。

てか、もうこの時点で気持ち悪い。。笑

f:id:sak1gk:20200114022857j:image

らくだに乗せるとラクダが動き出します。
ビューポイントへ連れて行くというのですが、私たちは行ったからいらないと言いました。が、無視。

次は一緒に乗ろうと前に座ってきます。
そして、自分に抱き着くように何度も言ってきます。マジできもい。

もうスフィンクスのところへ歩いて行きたいからと何度も伝えてやっと降ろしてくれました。本当に面倒だし気持ち悪いやつ。

最後に一緒に写真を撮ってくれと言ってきてその際にキスしろと言ってきます。
もうありえないくらいキモイしうざい。

適当にあしらって一生懸命スフィンクスの方へ速足で逃げました。

スフィンクス

f:id:sak1gk:20200114022954j:image

入り口でもみたスフィンクスですが、もっと近くで見ることができるところへ行きます。16時にはここが閉まってしまうので急ぎます。

スフィンクスのエリアはかなり混雑していました。
みんながスフィンクスとキスをしようと必死なのでかなりの場所取り合戦です。

私たちもスフィンクスとのキス写真を撮るべく頑張ってきました!
何となくそれっぽい写真が撮れたのでホテルへ戻る前にショッピングモールへ寄って帰ることにしました。

ショッピングモール(Mall of Egypt)

ホテル側にある大きなショッピングモールへ向かいました。
この時ももちろんUberを使いました。

ショッピングモールへ到着してみるとこんなものがあるんだと思うくらいのでかさと派手さのショッピングモール。ショッピングモールへ入る際にも荷物検査を受けて中へ入ります。

ショッピングモールで用事があったのは食料品のみですが、フードコートがあったので晩ご飯を食べて帰ることにしました。ホテルには何もないしホテル周辺にも店がないので今日初めての食事です。

フードコート

フードコートへ行ってみるとたくさんのお店が入っていました。
でも、ほとんどがハンバーガーのお店です。マクドナルドもあるし、他にも色々なバーガーのお店がありました。

小さな子供が大きなハンバーガーを両手で持って食べながらコーラを飲んでます。
何だかエジプトのイメージと全く違う。

私たちが食べたのはアジア料理と羊肉や鶏肉のBBQ。

f:id:sak1gk:20200114023031j:image
f:id:sak1gk:20200114023053j:image

ボリューム満点で美味しかったです!

スーパーで買いだし

f:id:sak1gk:20200114023127j:image

ホテルには何もない私たち。
スーパーで大量に飲み物を買って帰ります。

水を5本、ジュース1Lを3本、その他ノンアルの飲み物を4本くらい。
それにお菓子とパン、リンゴを6個、ヨーグルト6個買いました。

f:id:sak1gk:20200114023139j:image

あと、ケーキも4つ・・・。笑

たくさん買ったけどお会計は2300円くらいでした。
これでエジプトでは水を買う必要がない。

いつも物価が安いところに来るとたくさん買ってしまうところを直さないといけないなーと振り返った二人でした。

この時に美味しそうなフルーツドリンクを買ったのですが、カートにかけていたらいつの間にか取られていました。置き引きには注意しなくては・・・

変なやつに絡まれながらも楽しく終了!

エジプト感を存分に味わえた本日。

f:id:sak1gk:20200114024450j:image
嫌だなーとは思ったけど、不快だなーまではいかなかったからよかったかな。
うざい客引きやセクハラ野郎にはベトナム生活でかなり免疫がついているのでそこまで不快じゃなかったのかもしれません。

カイロへ旅行される女性の方はセクハラ野郎にお気を付けください。

ショッピングモールはおすすめです!
日本では閉店してしまったForever21もあるくらい洋服店が多く入っていました。
スーパーもかなり広いので楽しめると思います。

では、次回はエジプト考古学博物館をメインに書いていきます。

ランキング応援よろしくお願いします!!
ここをポチッとしてくれるだけで励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村