せかまるblog

バルセロナ滞在中!!

【Re:旅26日目】大エジプト博物館へ引っ越し準備中のエジプト考古学博物館へ行ってきた!

2020.01.13

今日は、エジプト考古学博物館に行ってきました。
エジプト考古学博物館と言えば、ツタンカーメンですね!
かわいいピンク色の博物館に本当にエジプト文明の秘宝が展示されているのか。
ワクワクしながら行ってきた!!

【Re:旅26日目】大エジプト博物館へ引っ越し準備中のエジプト考古学博物館へ行ってきた!

f:id:sak1gk:20200114185341j:image

エジプト考古学博物館(カイロ博物館)へ

f:id:sak1gk:20200114185458j:image

大エジプト博物館がまだオープンしていないので、エジプト考古学博物館に行ってきました。現在、大エジプト博物館オープンに向けて展示品を移動している様子の考古学博物館。果たして何がどこまで展示されているのかわからないまま行ってきました。

行き方

今回もあまり旅行者の参考にはならないUberを使いました。
今日のUberドライバーは特に問題はなさそうな男性でした。問題があるといえば、少々運転が荒いことくらいかな・・・。

私たちはギザからカイロ市内の方へ移動するのですが、特に渋滞にはまることもなく到着しました。

入場料金

f:id:sak1gk:20200114185409j:image

こちらもピラミッド同様、年々料金が高くなっています。
私たちが来たこの日はこんな感じ・・・。

入場料(日中):200ポンド

ミイラ展示(日中):180ポンド

カメラ撮影:50ポンド

夜は少し高くなります。他にも詳しく知りたい方は写真で確認してください。

スマホカメラは無料です!

f:id:sak1gk:20200114185443j:image

エジプト考古学博物館見学

f:id:sak1gk:20200114185524j:image

カイロに来た人の誰もが立ち寄るであろうエジプト考古学博物館
現在は、2020年3月にオープンする予定の大エジプト博物館への移行を行っているようで展示品が減っているという噂もある中やってきました。

博物館めぐり

f:id:sak1gk:20200114185545j:image

特に下調べもなくやってきた私たち。
ちなみに、よしみは考古学博物館(エジプト文明)に全く興味がありません。笑

私も興味があるかないかと言われると何とも言えない程度の知識です。
世界史をあまり深く勉強することもなかったのでエジプトに関してあまり知りません。古代エジプト文明について詳しい人たちからすると楽しくて仕方ない博物館なんだろうということはわかります。

博物館の入り口では、やはりセキュリティチェックがありました。
セキュリティチェックを終えて中へ入るとそこにはたくさんの棺が並んでいます。

本当に所狭しと並ぶ棺の数々。

f:id:sak1gk:20200114190049j:image
こんなにも立派な棺にはどんな人たちが葬られたんでしょう。
展示品なのだから当然なのかもしれませんが、どれも装飾や彫刻が美しく手間暇かかっているのが見て取れます。

石板に掘られた象形文字もとても丁寧に彫られていて繊細な技術を持っていたことをうかがい知ることができます。

f:id:sak1gk:20200114185621j:image

展示品の一つ一つに説明があるわけでもないので何が何なのかはイマイチわかりません。でも、エジプトってすごい国だったんだなーというのはよく伝わってきます。

アクセサリーもとてもおしゃれで古代にこんなものがあったのが不思議で仕方ありません。

f:id:sak1gk:20200114190148j:image

やはり、一部は移送準備中で展示品は少なく感じました。

f:id:sak1gk:20200114190033j:image

ツタンカーメン

ツタンカーメン】という名前はテレビなどでもよく目にしてきたので知っていますが、実際どんな人だったのかまでは知りませんでした。

何かすごいことをした人なんだろうってくらいです。

じゃあ、実際に何か偉業を成し遂げたのかというと政治面での改革には優れていたようですがどの情報もあいまいで参考にはなりませんでした。
彼は9歳で王となりそれから10年ほどでこの世を去ってしまった若き王だったということはわかりました。

死因についても様々で骨折が原因とされているものやマラリアにかかったことが原因とされているものもありました。

謎が多いツタンカーメンさんですが、彼の黄金のマスクはとてもきれいでした。
撮影禁止というのがなんとも残念なのですが、しっかりと目に焼き付けてきました。

若くして亡くなったにも関わらず大切に葬られた彼は権力だけでなく信頼も厚かったのかもしれませんね。

メジェド神

最近、日本で人気があるという【メジェド神】を探してきました。
メジェド神って何なんだ?って思う方の方が多いんですかね?

私はTwitterで人気があることを知ったのですが、なぜ人気なのかは知りませんでした。

メジェド神は、「死者の書」に描かれている神の一人で何の神なのかまではわかっていないようです。でも、人の死に関わる神なのだから偉い人なんでしょう。

日本では、メジェド様が主人公のアニメがあるそうでエジプトの新聞でもそのクレイジーなアニメが紹介されたようです。笑

考古学博物館に保管されているパピルスの中にもメジェド様がいらっしゃいました。
見つけたのは2階にあるパピルスが展示されている29番の部屋です。

f:id:sak1gk:20200114185646j:image

私が見つけたのはこんな感じのメジェド様。

f:id:sak1gk:20200114185650j:image

f:id:sak1gk:20200114185707j:image

みなさんも興味があれば探してみてください。

エジプト料理コシャリを食す

f:id:sak1gk:20200114185854j:image

考古学博物館を満喫したので、お昼ご飯を食べに行くことにしました。
考古学博物館から歩いて10分くらいのところにある「コシャリ」専門のお店に行きました。

お店情報

f:id:sak1gk:20200114185753j:image

店名:Al Tahreer Koshary Restaurant

住所:110 ش التحرير وسط البلد الاسماعيلية،, Cairo Governorate, エジプト

メニュー:コシャリ(small・medium・large)

食べてみた。

お店に入ると地元のお客さんたちに「コシャリか?」と聞かれました。

「コシャリ」と答えると2階へ案内されました。オーダーをとりに来た人がサイズと飲み物だけ確認して注文完了!

私たちが注文したのはミディアムサイズです。

めっちゃでかいのきたらどうしようと思いながら待っていると…コシャリ登場!

何とも斬新な食べ物。

炭水化物のオンパレードです。笑

f:id:sak1gk:20200114190210j:image

トマトソースをかけて頂きます。

食べてみるとコメの存在感はあまりなくてパスタを食べてる感じです。

隣の人を真似してテーブルにあったソース?たれ?をかけてみました。

黄色い方はヌクマムのような甘酸っぱい味でこっちはかけた方があっさりして美味しいかも!

もう一つの赤みがかったタレはラー油?少し入れただけでもかなりの辛さです。

でも、同じ味に飽きてきたらちょうどいいのかも…

ミディアムサイズで1人20ポンドでした!

日本円だと140円くらいでした。

お腹が空いてる時にはオススメのご飯です。

KFCに行ってみた。

f:id:sak1gk:20200114185917j:image

ホテル周辺にはご飯を食べるところがないのでケンタッキーに行って持ち帰ることにしました。

こちらのケンタッキーは日本よりも少し安いくらいです。

態度も身体もでかいスタッフ。

おしゃべりに夢中でなかなか商品を用意してくれない方でした。

商品を受け取ってタクシーでホテルへ戻ります。

買ってきたケンタッキーはこんな感じ…

パンとご飯付きです。笑

タクシー捕まえるのが大変。

もっと早くホテルへ戻るつもりでしたが、少し遅くなってしまったので道は混雑しタクシーを捕まえるのが大変でした。

Uberでタクシーを呼んでもなかなかドライバーがたどり着きません。

着いてもないのに到着したと言ってくるドライバーもいたりしてなかなか苦労しました。

何とか30分以上かけてタクシーを捕まえてホテルへ戻ることができました。

今日は早めに休みます。

そろそろ旅の疲れが出てきたのか、20時過ぎには眠くなります。早めに寝て休むことにします。

今日は考古学博物館だけの一日でしたが、コシャリも食べたし充実した一日でした。

明日は旧市街やモスク、シタデルに行くつもりです。明日はとか書いてますが、書いてるのは14日の11時36分のタクシーの中です。

今、タクシーで問題発生中。

ドライバーが誤って?わざと?配車をキャンセルしました。とりあえず、料金は問題なさそうだけど降りるまでは不安。

無事到着することを祈りつつ渋滞の中モスクへ向かいます。

最後までお読みいただきありがとうございます。

ランキングへのご協力もお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村