せかまる.blog

日本帰国しました。

【Re:旅47日目①】世界遺産テオティワカン遺跡へ!バスを使って自力で行ってきた!

2020.02.03

この日は、世界遺産であるテオティワカン遺跡へバスに乗って行ってきました。メキシコシティではあまり日本人を見かけることがなかったのですが、世界遺産だけあって日本人観光客も多く訪れていました。

ランキング参加中です!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

1度こちらをクリック頂けると嬉しいです。

【Re:旅47日目】世界遺産テオティワカン遺跡へ!バスを使って自力で行ってきた!

自力でテオティワカン遺跡へ

今回は事前に予約をせずに自力でテオティワカン遺跡へ向かいました。
ツアーで行く方も多いようですが、自力で行くのも難しくないということで今回は北バスターミナルからバスで向かいます。

バスターミナルへ

今回、テオティワカン遺跡へ向かうバスは北バスターミナルから出発します。
そのためメキシコシティの中心から北の方へ向かいます。

電車を使って北バスターミナルまで行くこともできるのですが、面倒なことをついつい省いてしまう私たちはUberを使って北バスターミナルへ向かいました。

北バスターミナルの中にはUberタクシーは入ることができないようで入口付近でタクシーを下りました。

f:id:sak1gk:20200220143555j:plain

メキシコシティではUberが一般のタクシードライバーが毛嫌いしているという噂も聞くのでドキドキしていましたが、問題なくメキシコシティで利用できました。

f:id:sak1gk:20200220143746j:plain

バスターミナルは、空港のように広いです。
どこにチケット売り場があるんだー!!って思いながらズンズン進んで行きました。

入口付近から行くとテオティワカン遺跡行きのチケット売り場は一番奥に位置していました。広すぎる・・・。

チケットを買う方法

f:id:sak1gk:20200220143610j:plain

やっとチケット売り場に到着しました。
テオティワカン遺跡行きのチケット売り場はかなりわかりやすいです!

「TEOTHIUACAN」ときちんと書かれているので安心ですし、長蛇の列ができているので遠くからでもすぐにわかります。

テオティワカン遺跡に片道で行く方はほとんどいないと思うので、ラウンドトリップで購入します。スペイン語も英語もできない私でも簡単に購入できました。

f:id:sak1gk:20200220143738j:plain

テオティワカン、ラウンドトリップ、2パーソン」この3つが伝われば問題ありません。超簡単でしょ!!

買う時点で一番早い時間のチケットをくれるので、買う前にお手洗いなどは済ませておきましょう!到着してからの方がトイレはきれいなので無理に行かなくてもいいと思います。

f:id:sak1gk:20200220143636j:plain

バスに乗ってテオティワカン遺跡へ出発!

バスへ乗り込み

バスへ乗る前に簡単な荷物検査を受けます。
本当に意味があるのかわからないくらい適当な検査でした。

テオティワカン遺跡へのバスへ乗り込みます。

f:id:sak1gk:20200220143639j:plain

この日は同じ時間に2台のバスが出発しました。
人数が多いと便数も多いのかもしれません。

チケットには一応座席番号のようなものがありましたが関係なく自由席のようです。
好きな席に早く座った人が優先される感じでした。

バスはタイミングによって座席の質が全く違うようです。
行きのバスはとっても快適な座席で広くて座り心地もとてもよかったです。

バスの座席は景色を見たい人でしたら左側を選びましょう。
左側の方が通り過ぎる町並みや落書き、こんなシュールな石像も見れました。笑

f:id:sak1gk:20200220143726j:plain

メキシコシティではあまり見ないカラフルな町並みも見ることができます。
バスの中から撮った写真なので少しガラスの反射がありますが、天気も良くとてもいい景色を楽しむことができました。

f:id:sak1gk:20200220143723j:plain

景色を見ながらブログを書いたり、写真を加工しているうちにバスはテオティワカン遺跡のバス停へ到着しました。

地元の人たちはこの手前の街の中心地のようなところで降りて行きました。
特に案内はありませんでしたが、ほとんどの人がテオティワカン遺跡で降りるので迷うことなく下車できました。

f:id:sak1gk:20200220143614j:plain

テオティワカン遺跡到着!

テオティワカン遺跡に到着しました。
遺跡の入口前でバスが停車するので迷うことはありません。

事前情報を調べた際に結構道に迷ったという方もお見掛けしましたが、降りる所を間違えなければ迷うことなくたどり着くことができるバス停だと思います。

f:id:sak1gk:20200220143642j:plain

遺跡の入口右手にはこんな看板があります。
この辺りにガイドの勧誘の人たちが少しいますが無視して中へ進みます。

チケット購入

チケットの値段は他国の世界遺産に比べると破格です。
こんなに安いのに中はしっかり整備されています。

料金:80ペソ(2020年01月時点)

f:id:sak1gk:20200220143701j:plain

この看板の先にある小さなチケット売り場で必要な枚数を伝えればOK!

f:id:sak1gk:20200220143558j:plain

同じバスで来た人くらいしか並ぶことがなかったので混雑もなくスムーズ購入して中へ入ることができました。

今まで行ってきた遺跡ではあまりなかったのですが、この時点でもう見えてるんですよね。大きなピラミッドが!!

エジプトよりもなんだか迫力を感じます。

テオティワカン遺跡散策

f:id:sak1gk:20200220143625j:plain

チケットをGETした私たちは入ってすぐにあるお手洗いへ立ち寄り遺跡へ向かいます。
この入口以外にもお手洗いはありましたが、狭いし汚いのに有料でした。

こちらのお手洗いもトイレットペーパーがなければお金を払っている人もいましたが、私たちはトイレットペーパーを持参していたので詳細はわかりません。

ほんの少ししかトイレットペーパーをくれないので持って行くことをオススメします。

まず向かうのは太陽のピラミッド!

目の前に見える太陽のピラミッドです!

f:id:sak1gk:20200220143606j:plain

入口からピラミッドまでの道沿いにはお土産屋さんが立ち並んでいました。
この日はとても風が強くカメラを出すのを躊躇してしまうほどでした。

砂埃がすごく目に入ることが多かったのでサングラスは必須です!

f:id:sak1gk:20200220143654j:plain

ここまで来ると私のカメラでは両サイドが収まりません。
めちゃめちゃデカイ!!

エジプトのピラミッドに比べると小さいようですが、こちらの方が何だか大きく感じてしまう。それにとっても美しい太陽のピラミッド。

こちらのピラミッドは、年に2回太陽がピラミッドの真上に来るように設計されているそうです。昔のテオティワカン族の人はすごいですね!

f:id:sak1gk:20200220143736j:plain

多くの人が太陽のピラミッドの前にある祭壇のようなところで写真を撮っていました。
私たちもここで記念写真を撮ってから太陽のピラミッドの頂上を目指しました。

f:id:sak1gk:20200220143628j:plain

こんな感じで階段を上って行きます。
最初の階段では混雑もなくスムーズに進んで行きました。

ここを上りきると階段が狭くなるせいか列ができ始めます。

f:id:sak1gk:20200220143749j:plain

なんだか不思議な光景・・・。
富士山に登ったことがない私ですが、お正月の富士山の登山道ってこんな感じなのでしょうか。人がずーっと連なっていて自分のスピードで上ることができず余計に疲れました。

メキシコシティを離れた頃に知ったのですが、メキシコシティって標高2,000mなんですね。そりゃ、疲れるよねーって後から二人で話しました。

f:id:sak1gk:20200220143645j:plain

上からの景色はこんな感じです。
月のピラミッドを見下ろすことができます。

それにしてもこの遺跡広すぎるな・・・と
この時点で制覇するのは無理ではないかと感じていました。

頂上には各々が各々の方法で記念撮影をしています。
とっても混雑していました。

f:id:sak1gk:20200220143715j:plain

ここから下りる際もかなり渋滞するのでタイミングを見極めて下りた方がいいです。
私たちもなかなか進むことができず、上で結構待たされました。

急な階段になっているので怖くて下りるのに時間がかかる人も多くいます。

続いて向かうのは、月のピラミッドです。

月のピラミッドへ!

太陽のピラミッドから下りて右側にある月のピラミッドへ向かいます。

月のピラミッドは上まで登れないんですね。
あまり遺跡について調べずに来たので知識は全くない私たち。

f:id:sak1gk:20200220143733j:plain

太陽のピラミッドから月のピラミッドまでの通り(死者の道)にもたくさんのお土産屋さんがいました。押し売りしてくる感じもないので、どんなものが売られているのか見ながら進んで行きました。

途中にはジャガーの壁画(ピューマの壁画?)が見られる場所がありましたが、正直うっすらしていてあまりわかりませんでした。

太陽のピラミッドに登った後で疲れていた私たち。
月のピラミッドには登らず、前で写真だけ撮りました。

ケツァルパパロトルの宮殿

遺跡とは思えないほど色鮮やかなケツァルパパロトルの宮殿。
ここはかつて司祭の住居だったと言われているそうです。

f:id:sak1gk:20200220143730j:plain

柱に描かれているのは、頭が鳥(ケツァル)で、体が蝶(パパトル)になった聖獣だそうです。何か、かわいい。

この宮殿の中にも他の遺跡の一部にもあるのですが、壁がかわいいんですよね。

f:id:sak1gk:20200220143622j:plain

何だかおしゃれに見える壁。

この近くに壁画が残っているジャガーの宮殿があるのですが、だんだん佳未の体調が悪くなってきたので短縮して次へ進みます。

ケツァルコアトルの神殿

この神殿の方から回る人もいるようですが、私たちが入ってきた入口からは遠かったので後回しにしていました。

この神殿は他の遺跡に比べると発掘されてから日が浅く保存状態も良好だそうです。
ただ、太陽のピラミッドの前からスタートした私たちにとってはかなり遠いこの場所。

途中までは死者の道をずーっと歩いて行きました。

サボテンと写真を撮りながら頑張って砂ぼこりに耐えながら歩いていたんです。
でも、本当に遠すぎる。

しかも、歩きにくい・・・。

ということで、ケツァルコアトルの神殿に行く事を諦めました。笑

バスで市内へ戻る

遺跡散策を諦めて市内へ戻ることにしました。
帰りも同じバスで戻ります。

f:id:sak1gk:20200220143601j:plain

遺跡の外に出るとこんな感じでバスの青い看板が立っています。
ここに多くの人が並んでいるので同じように並んで待ちます。

バスは5分ほどでやってきたのですが、人が多くて乗れませんでした。
また次のバスが来るのを待ちます。

10分くらい待っていると次のバスがやってきました。
座席は結構埋まっていたので別々に座るしかありませんでしたが、1時間少々なので気にせず乗り込みました。ギリギリ乗れるだろうで乗り込んできた最後の男の子は残念ながら座席がなく、かなり悔やみながら立ち乗りしていました。

そこから更に進み、違うバス停に停車すると更に立ち乗り客が乗車してきました。
さずがにベトナムの長距離バスのようなプラスチックイスの準備はないようでみんな立って乗っていました。

私なら1時間もたち乗りなんてできないな・・・。

バスに揺られること1時間で市内へ到着しました。
北バスターミナルまで乗るつもりでしたが、たくさんの人がその手前で降りたので釣られて下りた私たち。

何かあるのかと思ったのですが、残念ながら何もありませんでした。
私たちと同じように釣られて下りた男性は必至で他のバスを止めて乗ろうとしていましたが、何度も断られていました。

あらら・・・

私たちはUberタクシーを呼んでショッピングモールへ向かいました。

この辺で・・・

今回は少し長くなるので2階に分けて書いていきます。
テオティワカン遺跡での出来事を最後までお読みいただきありがとうございます。

続きはショッピングモールからです。
ショッピングモールは適当に近くの所を選んでしまったのですが、これがよかったのか悪かったのか・・・観光客は全くと言っていいほどいないローカルなショッピングモールでした。

治安が心配されるメキシコシティでローカルなショッピングモールに来てしまった私たち。この日は祝日で多くの地元民が訪れていました。

続きは、また明日書きます。
最後までお読みいただきありがとうございます。

ランキング参加中です。
いつもお読みいただいている方ありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

はてなブログの★も嬉しいです。
ブログ村の方もポチっと頂けるとブログを続ける励みになります。