せかまる.blog

日本帰国しました。

【Re:旅53日目】SIMカードを探して向かったLimaの広場はお祭り騒ぎ!Lima→Cuzcoへバス移動!

2020.02.09

深夜にカンクンからリマに到着した私たち。リマは移動日の一日しか取っていません。今日しかないけど、SIMカードを買いに行かなかなければならないってことで朝からSIMカードが買える店を探しました。そこで偶然行われていたイベントが楽しくて写真を撮りまくって楽しみました。

ブログランキング参加中です!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑の「世界一周」をクリックして頂けると嬉しいです!!

【Re:旅53日目】SIMカードを探して向かったLimaの広場はお祭り騒ぎ!Lima→Cuzcoへバス移動!

f:id:sak1gk:20200302182035j:plain

リマでSIMカードを購入

私が持っているSIMカードはどれもペルーでは使えないということで、ペルー用のSIMカードを購入することにしました。空港でもSIMカードは売られているのですが、空港で買うことができるSIMカードは限定されています。

リマ空港のSIMカード

空港のSIMカードは、1種類しか販売されていない上に高額です。

f:id:sak1gk:20200303121328j:plain

空港内で聞いてみたところこのSIMカードしか販売がなくそれ以外を買うならリマ市内でしか買えないそうです。リマに到着したのは深夜だったので、到着時に購入することはできませんでした。

こんな高いSIMカードを買うのはもったいないですからね。

SIMカードが買えるのは「Claro」

朝起きて、SIMカードを買いに行くぞー!!ってことで早起きして準備しました。
「Claro」の店舗でSIMカードが買えるそうなのですが、調べてみると購入できる店舗が限定されているようです。

宿泊していたホステルでもSIMカードが買える店を聞いてみたのですが、「Claro」のSIMカードが帰るお店はリマの中心地に行かないとないようです。

f:id:sak1gk:20200302182009j:plain

この普通の家みたいなところが泊まっていたホステル。

私たちが購入した店舗はこちら!!

f:id:sak1gk:20200302182032j:plain

店舗位置:スターバックスの向かい

もちろん、英語は通じませんでした!笑
でも、親切にGoogle翻訳を使って説明してくれます。

SIMカードの購入は、現金のみでした。
この日は日曜日で両替ができなかったので仕方なくATMでお金を下ろすしかありませんでした。

SIMカードの値段

SIMカードの値段は、ここでも1種類だと説明されました。
SIMカードと3GBチャージして1つ50ソルくらいでした。(当時:3,500円/2つ)

そんなに安くはないけど、空港で買うよりも安いです。

マヨール広場

SIMカードを買ってマヨール広場へ向かいました。
日曜日のマヨール広場周辺は歩行者天国になっていました。

歩行者天国になっていた広場では何やらイベントが行われていました。

f:id:sak1gk:20200302182029j:plain

色々な民族衣装を着た人たちがパレードをしていました。
たまたま居合わせたお祭り!!

楽しくて楽しくて・・・

色んなグループの方と一緒に写真を撮ってもらいました。

f:id:sak1gk:20200302181957j:plain

この日は天気もよく最高の観光日和でした。
パレードに参加している方々も汗だくで大変そうなのにみんな本当に親切でした。

f:id:sak1gk:20200302181934j:plain

何のお祭りだったのかよくわかりませんが、パレードの最後尾にいた彼女が何か重要な気がします。この手に持っているものも何か関係あるのかもしれませんね。

パレードで一生懸命楽しんだ私たちは、お腹が空いてきたのでお昼ご飯へ行くことにしました。

ランチはペルーの料理!!

この日のランチはリマで食べておきたい料理を食べようってことで通りかかったレストランに入ってみました。

よくあることなんですが、このレストラン最初に案内してきたメニューは観光客用の単品でお高いメニュー表でした。しばらく話した後に出てきたのはセットメニューでかなり安価なもの。

これされるとすごーく嫌な気分になるんですが、単品とセットの違いだろうって言い聞かせて店に入りました。カンボジアの時は明らかに違うメニュー表だったので注文せずに帰ったことが何度かあった私。世界旅行を始めてから少し人にやさしくなれた気がしています。

食べた料理

まずは、セビーチェ!!
魚も美味しいんですが、インカコーンとサツマイモも美味しかった。

f:id:sak1gk:20200302181917j:plain

 お腹を壊さないか心配しながらも美味しく頂きました。

続いて食べたのは、クイ!!
日本語でわかりやすく言うとモルモット・・・

f:id:sak1gk:20200302182041j:plain

右側がお顔です。
こちらはかなり味が濃くてソースで臭みを消している感じでした。
美味しいとは言えない。

身はほとんどなく皮がぬるっとしていて・・・もう食べないと心に決めました。

そして、料理のお供には「インカコーラ」です。

f:id:sak1gk:20200302181945j:plain

ペルーの代表的な飲み物なのでご存知の方も多いと思います。
よく見るコーラとは味も色も全く違うインカコーラ

微炭酸でリアルゴールドの味に近い?
甘めですが、結構ハマります。

料理2品で20ソルでした!
630円くらいでこれだけの料理が食べられたら十分ですね!
最初に見せられたメニューだと倍以上だったんですけどね・・・。笑

最後にインカコーラで少しぼったくってましたが、もういいやって感じで何も言わずに帰りました。それくらい払ってもいいやって思ったら気にしない。

バスの時間があるので、スーパーで買い物してホステルに荷物を取りに行くことにしました。

リマのスーパーマーケット

リマのスーパーマーケットに行ってみると果物がたくさん!!
東南アジアなんて比にならないくらいの種類が売られていてマンゴーなんかめっちゃ安い!!今日、バスに乗らないなら確実に買っていたのに・・・

f:id:sak1gk:20200302181925j:plain

果物を横目に水とコカ茶の葉を購入して、急いでタクシーを呼びました。

事故による大渋滞

Uberタクシーを呼んだのですが、タクシーを呼んだ矢先に目の前で事故が起こりました。完全に道を塞いでしまって行って車が進まない状況。

f:id:sak1gk:20200302181929j:plain

当てられた方は車から降りて大声で怒鳴っている様子ですが、バスの運転手はバスから降りられるわけもなく乗ったまま。正確にはバスの車線変更が原因でバスの横にいた車が前の車にぶつかったみたい。

どちらも他人に擦り付けている感じで終わりそうにない。
私たちは早くバス停に行くために今すぐタクシーに乗らないと間に合わない。

それにタクシーがここまで来てしまったらこの渋滞に巻き込まれてしまう。
何としてでも阻止しなければならないってことでタクシーがこの道路に入る前に捕まえに行くことにしました。

Uberの地図を見ながらGPSを追いかけて急いでタクシーのもとへ向かいます。
タクシーはこの道に入ることなく信号機で止まっていました。

助かった。この道に入る手前の交差点にいたタクシーを見つけて乗り込むことに成功!
ドライバーに説明して迂回してもらいました。

無事、渋滞に巻き込まれることなく迂回することができた私たちは1時間前にホステルへ到着!荷物を受け取ってバスターミナルへ向かいました。

CRUZ DEL SUR(クルス・デル・スール)のバスターミナル

夕方17時出発の便でクスコへ向かう私たちがバス停に到着したのは16時過ぎでした。
チケットはすでに予約して持っていたので、そこまで早く行く必要もなかったのですが初めてのバスなので心配性な私たちは早々に到着しました。

f:id:sak1gk:20200302182006j:plain

バスターミナルで化粧を落として、歯磨きをして荷物をまとめました。

荷物を預ける

バスに乗る前に大きな荷物は預けなければならないようでしたので、みんなが荷物を持って行っているところへ向かいました。

f:id:sak1gk:20200302182001j:plain

ここでバスのチケットを見せて荷物を預けます。
中身がなくならないかの確認のためか荷物の重さを計ります。

でも、この計量あまり意味がありません。
面倒だからか2つ預けるのに同じ重さのタグをつけられました。笑
安全ではなさそうなので気を付けましょう。

荷物を預けてバスの乗車時間まで待ちます。
バスが来るまで乗車場所の表示はありませんでしたが、係の人は把握しているようで何番のところで待てばいいか教えてくれました。

乗車!!

いよいよ、バスが到着して乗車時間となりました。

f:id:sak1gk:20200302181952j:plain

バスの入口でチケットを提示して車内へ乗り込みます。
座席は事前に予約していた席に座ることができました。

海外だと予約していてもその席に座れないことがあるので、予約したから安心ってわけでもないんですよね。

f:id:sak1gk:20200302181949j:plain

車内はこんな感じです。
座席にはブランケットと枕が準備されています。

清掃もきっちりされていてよかったです。

私たちが選んだ座席は2階の1番前の座席です。

f:id:sak1gk:20200302181938j:plain

これは隣の1人席の写真ですが、こんな感じで前に足があげられるのがこの席のメリットです。後ろの席だと足元は広々していますが、ずっと下げた状態になるので足がむくみやすくなってしまいます。

いよいよ出発!

バスは満席になることもなく出発時間となりました。
出発前にはバス会社の人がビデオカメラを持ってやってきました。

噂では何か問題があったときのために顔を確認しているとのことですが、理由は特に説明がなかったので真意はわかりません。

バスが発進してしばらくすると窓の外は真っ暗になっていました。
バスに乗っている係の人がテーブルを用意するように言いに来ました。

そして、適当に配られた夕食がこちら!!

f:id:sak1gk:20200302181941j:plain

チキンとミートと言われて渡されたんですが、ミートって・・・肉?
って思いながら開けてみるとミンチ肉でした。

チキンの方は写真がぶれてしまって撮れてなかったんですが、ピリ辛のチャーハンみたいなのにチキンと野菜を炒めたものが載っている感じでした。

飲み物も聞きに来てくれたのですが、注文したものと違うものが当然のように届きます。笑

f:id:sak1gk:20200302181921j:plain

バスの中は特に不便はありませんでした。
夜が更けてくると気温が下がり、寒くなってきました。

長袖を出しておいてよかったと思いながら眠りましたが、隣に座っていたお姉さんがノースリーブであまりにも寒そうで気になって仕方ありませんでした。

移動日の出発日はこんな感じでした。

リマからクスコまでの長い道のりの出発は楽しく始まりました。
窓からの風景もよく楽しいバス旅の始まりと思っていた私たち。

コカ茶を飲みながら標高が高くなる先の道のりに備えて準備していたのですが、朝方になると・・・車酔いが(;´・ω・)

やはり、山道の長旅は体にこたえます。

あー、背中が痛い。
後ろの人騒がしいなー。とか思いながら夜を過ごしました。

出発時は空席が目立ったバスでしたが、途中のバスターミナルでたくさんの人が乗ってきていつの間にか満員になっていました。

長距離バスってトイレが汚くて嫌なイメージだったんですが、クルス・デル・スールでは定期的に清掃が行われていて不快に感じることがありませんでした。

クスコに無事到着できるのか不安なバス旅ですが、修学旅行みたいなワクワク感もあるこの長旅を楽しみます。

www.sekamaru.blog

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

ブログランキング参加中です!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ついでにランキングもご覧ください。